Macの入力支援ツール「BetterTouchTool」がMac OS X 10.6 Snow LeopardベースのUIを刷新し、最新のmacOSに合わせたUIへアップデートすると発表。

スポンサーリンク

 Macの入力支援ツール「BetterTouchTool」がMac OS X 10.6 Snow LeopardベースのUIを刷新し、最新のmacOSに合わせたUIへアップデートすると発表しています。詳細は以下から。

Mac用 入力支援ツール「BetterTouchTool」のアイコン。

 BetterTouchTool (以下,BTT)はドイツのエンジニアAndreas Hegenberg@folivora.aiさんが開発しているMacの入力支援ツールですが、このBTTが今後のアップデートでUIの大幅な刷新を行っていくそうです。

新しいBTTのUI

I’ll be covering the progress for the new BetterTouchTool UI here.
The main goals of the new UI are:

  • Make BTT easier to understand
  • Add multi-language support
  • Use modern, more performant technologies (old BTT UI is all based on technologies that were already available on macOS 10.6)
  • Improve performance a lot

New BetterTouchTool UI Progressより一部抜粋

スポンサーリンク

新しいBTT UI

 新しいBTTのUIは現在Mac OS X 10.6 Snow Leopardベースに合わせて開発されているアプリを完全に書き換え、最新のmacOSのUIを取り入れる形でマルチ言語化、パフォーマンスの改善、トリガーやアクションの検索やフィルタリングなどBTTをより分かりやすく利用できる工夫が盛り込まれるそうで、メインウィンドウはアクションが有効なアプリ、トリガー、アクションという3ペイント形式となるそうです。

新旧のBetterTouchTool UI

 Andreasさんは今後一年(2019年)は現在のUIのバージョンもサポートするそうですが、今月末には一部の機能を搭載した新UIのバージョンも並行してリリースしていく予定で、現在の進捗も公開しているので、新BTTのUIを試してみたい方はAlphaチャンネルのアップデートもチェックしてみてください。