Apple、macOS/iOSの各バージョンで利用可能なグラフィックスAPI「Metal」の機能をまとめた一覧表を公開。

スポンサーリンク

 Appleが各macOS/iOSの各バージョンで利用可能なグラフィックスAPI「Metal」の機能をまとめた一覧表を公開しています。詳細は以下から。

Metal-for-Mac-logo-icon

 MetalはAppleがiOS 8, tvOS 9, OS X 10.11から導入したグラフィックスAPIで、OpenGLとOpenCLに似た機能をAPIとして提供していますが、各プラットフォームおよびOSのバージョンにより使用できるAPIに制限があります。

Metal-for-Mac-Hero

 Appleが開発者向けに新たに公開したWebページ”Metal Feature Sets”にはiOS 8, 9, 10のiOS_GPUFamily、tvOS 9, 10のtvOS_GPUFamily、OS X 10.11, macOS 10.12のOSX_GPUFamilyで利用可能なAPIの一覧および制限, 互換性がまとめられており、

Feature-Availability-Metal-AppleDeveloper

Metal Feature Sets
Look up the feature availability, implementation limits, and pixel format capabilities of Metal feature sets.

Feature Availability – Metal – Apple Developer

加えてWWDC 2016のセッション602~606で発表されたドキュメントなども公開されているので、興味のある方はチェックしてみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    nVidiaのデモみたいにこんなことできますよ的な映像見たいわ
    アプリでもいいけど

  2. 匿名 より:

    同じMetalといってもOS XとiOSじゃかなり出来ることが違うな〜。あと、iOS10ではかなり色々と追加されてるが、iPhone端末のバージョン x iOSバージョンで、細分化がかなりあるね。こういうのはXCodeが吸収してくれるもんなのかな。