Metal 3をサポートするハードウェアは、A13 Bionic以上のiPhoneやiPad、Apple SiliconまたはIntel UHD Graphics 630以降のGPUを搭載したMacに。

スポンサーリンク

 Metal 3のハードウェア仕様はA13 Bionic以上のiPhoneやiPad、Apple SiliconまたはIntel UHD Graphics 630以降のGPUを搭載したMacになっているそうです。詳細は以下から。

Apple Metal 3のロゴ

 Appleは現地時間2022年06月09日日から開催した世界開発者会議WWDC22の中で、Apple SiliconのGPUとユニファイドメモリを利用し、より高品質でレイテンシーの小さいゲーム開発や、GPUアクセレーションを利用した機械学習トレーニングが可能なAPI「Metal 3」を発表しました。

About Apple Metal 3

Metal 3の新機能と互換性

 Metal 3では、今年後半にもリリースを予定している「No Man’s Sky」「バイオハザード ヴィレッジ」にも採用される、より小さく演算処理の負荷がより低いフレームをレンダリングし、その後、高品質な空間アップスケーリングと時間的アンチエイリアシングを適用できる「MetalFX Upscaling」

Meta 3 support MetalFX Upscaling

ストレージからユニファイドメモリシステムまでのダイレクトパスを、より多く提供することで、豊富なテクスチャや複雑なディレールを読み込むローディングタイムを改善する、高速リソース読み込みAPI「Fast resource loading API」

Meta-3-support-Fast resource loading API

その他、Offline shader compilation、Mesh shaders、Optimized Ray Tracing、Accelerated Machine layeringなどが導入されると発表されていますが、

Metal 3の新機能

WWDC22のセッション「Discover Metal 3」によると、Metal 3のハードウェアサポートは、iPhoneがA13 Bionicチップを搭載したiPhone 11シリーズ/iPhone SE (第2世代)以降、iPadがA13 BionicとM1チップを搭載したiPad Pro/Air, mini、

Apple Metal 3 hardware support

Metal 3 is supported on all modern iOS, iPadOS, and macOS devices, including iPhone and iPad with A13 Bionic or M1 chips or newer, and all Apple silicon Mac systems and Mac systems with recent AMD and Intel GPUs.And to find out whether a given device supports Metal 3, use the supportsFamily query on the Metal device.

Discover Metal 3 – Apple Developer

そして、MacがApple SiliconまたはAMD Vega, 5000-series, 6000-series, Intel UHD Graphics 630, Intel Iris Pro Graphicsとなっており、Macについては、Metal 3のハードウェアサポート = macOS 13 Venturaのシステム要件となっているめ、

macOS 11
Big Sur
macOS 12
Monterey
macOS 13
Ventura
MacBook 2015以降 Early 2016以降 2017以降
MacBook Air 2013以降 Early 2015以降 2018以降
MacBook Pro Late 2013以降 2017以降
Mac mini Late 2014以降 2018以降
iMac 2014以降 Late 2015以降 2017以降
iMac Pro 2017以降
Mac Studio デフォルトOS 2022以降
Mac Pro Late 2013以降 2019以降

Appleは2018年にリリースしたmacOS 10.14 Mojave同様、「Metal 3」のサポートを、macOS 13 Venturaへのアップグレード基準の1つとしているようです。

macOS 10.14 MojaveとiOS 12のシステム要件

スポンサーリンク

おまけ

 ちなみに、WWDC22でのMetal 3に関するセッションは10以上公開されており、Target and optimize GPU binaries with Metal 3では、昨年からAppleのMetalチームが開発に加わったオープンソースの3Dモデリングアプリ「Blender」のレンダリングエンジンCyclesの最適化や、

BlenderをApple SiliconとMetal 3で改善

「Discover Metal 3」では、Apple SiliconのGPUとMetal 3を利用した機械学習の高速化事例として、Apple M1 Ultraチップを搭載したMac StudioでTensFlowが最大16倍、PyTorchのBERTモデルが最大6.5倍、ResNet50が最大8.5倍、DaVinci ResolveのMLベースツールの作業速度が最大5倍になったことをアピールしているので、興味のある方はチェックしてみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    iMac21.5のRadeon Pro 560Xはどこに入るのかよくわからないなぁ
    一応metal3サポート機種ではあるみたいだが

  2. ? より:

    一つ目の表、iMac Pro の記載が間違っていますね。2017のみでは。

    • applech2 より:

      ご指摘ありがとうございます。先程修正しましたので、WordPressのキャッシュがクリアされる夕方頃には修正されると思います。
      >iMac Pro (2017)

  3. より:

    MacBook Pro 2017の15インチはRADEON Pro 500シリーズ+HDグラフィックス630の組み合わせだから対象外なんだろうか。
    13インチはIrisグラフィックだから対象なのに。

    一方2018と2019の15インチはUHDグラフィックス630だから対象なんだろうけど、VegaにカスタムしなかったらdGPUは500Xシリーズだから、dGPUが稼働すると非対応になったりiGPUと同時稼働になってiGPUは休めなかったりするんだろうか。

    細かいことだけど、いまいち対象チップが謎だなぁ。
    性能よりは、世代で足切りしてるように見える。