仮想化

スポンサーリンク
UTM

スクリプトインターフェイスや外部ドライブイメージのR/W設定が可能になった仮想化ソフトウェア「UTM v4.2.4」がリリース。

仕事効率化

Mac上に素早くDockerやLinuxマシンを作成&管理できる「OrbStack」のPublic Beta版が公開。

UTM

AppleScriptとCLIインターフェイスのサポートに加え、macOS 13 Ventura以降でメニューバーから仮想マシンの起動や停止が可能になった仮想化ソフトウェア「UTM v4.1.5」がリリース。

スポンサーリンク
UTM

macOS Ventureの新機能やマルチ/ヘッドレスディスプレイ、Windows 10/11インストールの改善、日本語のローカライズなどをサポートした仮想化ソフトウェア「UTM v4.0」が正式にリリース。

Apple Silicon Mac

Oracle、TPM 2.0をサポートした「VirtualBox v7.0」を正式にリリース。Mac版はAppleのHypervisorを採用し、Apple Silicon向けのDP版も公開。

UTM

仮想化ソフトウェア「UTM v4.0.3 (Beta)」で、Windows SPICE Toolsの自動ダウンロードとマウントがサポート。

Apple Silicon Mac

Oracle、Windows 11をサポートする「VirtualBox v7.0 BETA 1」でApple Silicon Macのサポートも実験的に開始。

UTM

macOS Ventureの新しいVirtualization機能によりEFIブートやクリップボード/ディレクトリ共有、ARM LinuxでのRosetta 2エミュレートをサポートした仮想化ソフトウェア「UTM v4.0」のBeta版がリリース。

Apple Silicon Mac

macOS VMのCPUやメモリ、ストレージ、ネットワーク、ディスプレイの設定が可能になったApple Silicon Mac用仮想化ソフトウェア「VirtualBuddy v1.2」がリリース。

macOS 13 Ventura

Apple Silicon MacでmacOS 12 MontereyやmacOS 13 Venturaの仮想マシン作成&管理できるアプリ「VirtualBuddy」がオープンソースで公開。