GitHubやGitLab、BitbucketなどのGitリポジトリ上からソースコードを横断検索/フィルタリングすることができる「Sourcegraph」のSafari機能拡張がリリース。

スポンサーリンク

 GitHubやGitLab、BitbucketなどのGitリポジトリ上からソースコードを横断検索/フィルタリングすることができる「Sourcegraph」のSafari機能拡張がリリースされています。詳細は以下から。

Sourcegraph for Safari

 Sourcegraphは米カリフォルニア州のSourcegraph, Inc.が開発しているWebサービスで、GitHubやGitLab, BitbucketなどのGitリポジトリの横断検索やプログラミング言語でフィルタリングしたり、diff/commit検索などを行うことができますが、このSourcegraphのSafari機能拡張「Sourcegraph for Safari」がMac App Storeでリリースされています。

The open-source Sourcegraph extension adds code navigation and code intelligence to GitHub, GitHub Enterprise, GitLab, Bitbucket Server and Phabricator.

Sourcegraph for Safari – Mac App Store

 Sourcegraph for Safariをインストールすると、Safariで開いているGitリポジトリをワンクリックでSourcegraphで開くことが可能になるほか、クラスや関数などをマウスホバーすることでツールチップが表示され、関数のドキュメントの表示や、他のリポジトリからリファレンスを検索することが可能になります。

Sourcegraph for Safari extensions

 Sourcegraph for Safariのシステム要件はmacOS 10.14 Mojave以上のSafari 14で、Safariの他にChromeとFirefoxの機能拡張もオープンソースで公開されているので、興味のある方は試してみてください。