iOS 11を搭載したiPadではフリックで数字や記号を入力できるSwift Playgrounds風キーボードがデフォルトに。

スポンサーリンク

 iOS 11を搭載したiPadではフリックで数字や記号を入力できるSwift Playgrounds風のキーボードが英語キーボードのデフォルトになっています。詳細は以下の通り

Quick Typeのアイコン

 Appleは本日iOS 11を正式にリリースしましたが、iOS 11ではタイピングを素早く行うための「Quick Type」機能にSwift PlaygroundやNumbersにも採用された数字や記号をキーボードを切り替えずに素早く利用できるQuick Typeキーボードが英語キーボードのデフォルトになっています。

iOS 10と11のiPadデフォルトキーボード

クリックで拡大

QuickTypeキーボード。入力はフリックでクイック。
文字も、数字も、記号も、句読点も。これからはすべて同じキーボード上にあるので、何度も切り替える必要はもうありません。キーを下にフリックするだけで、必要なものをすばやく選択することができます。

iOS 11プレビューより

iOS 11のデフォルトキーボード

 iOS 10までのiPadのキーボードは、英語・数字/記号、句読点を入力する際に地球のアイコンを押してキーボードを切り替えなければなりませんでしたが、iOS 11ではキーをタップしたまま下にフリックすることで、キーボードにプリントされている数字や記号キーボードを入力することが可能になっており、

このキーボードはiOS 11を搭載したiPadでデフォルトのキーボードに設定されているので、これまで以上に素早くタイピングが出来ると思います。また、iOS 11ではiPhone用キーボードに片手キーボードも搭載されているので、アップグレードされた方はチェックしてみて下さい。(以下の動画はiOS 11の「画面収録」機能を利用して撮影しています)

コメント

  1. 匿名 より:

    playground用のキーボードは確かに便利な部分はあるけど、漢字の変換候補が表示されなくなるバグが頻発する。しかもアプリを終了するなどしなければ直らない。

    出来ればplayground仕様以外の普通のキーボードを選択できると助かる。