iOS 11を搭載したiPadでは新たに「Dock」機能が利用可能に。

スポンサーリンク

 iOS 11を搭載したiPadでは新たに「Dock」機能が利用可能になっています。詳細は以下から。

iOS 11のロゴ。

 Appleは本日、64-bitのApple SoCを搭載したiOSデバイス向けに「iOS 11」を正式にリリースしましたが、iOS 11ではmacOSやwatchOSに続き、Dockが利用できるようになっています。

WWDC 2017で発表されたDock

 iOS 11を搭載したiPadで利用できる「Dock」の機能はいくつかありますが、最も利用されると思われるのがアプリをSplit Overなどのマルチタスキング状態にする事で、iOS 11のマルチタスキング機能は右側からスライドして利用するのではなく、iPadの下からスライドしてDockを表示し、Dock上に表示されているアプリをドラッグ&ドロップしSplit Over状態にします。

スポンサーリンク

追記

 iOS 11のiPadに搭載されたDock機能はこの他にもいくつかの便利な機能が利用できるようになっているので、興味のある方はこちらの記事をチェックしてみて下さい。

iOS 11とDock