Apple、iOS/iPadOS 15.4アップデート後にiPhoneやiPadのバッテリーが早く消費される不具合と、既に悪用された可能性のあるゼロデイ脆弱性を修正した「iOS/iPadOS 15.4.1」をリリース。

スポンサーリンク

 AppleがiOS/iPadOS 15.4アップデート後にiPhoneやiPadのバッテリーが早く消費される可能性のある不具合を修正した「iOS/iPadOS 15.4.1」をリリースしています。詳細は以下から。

iOS 15

 Appleは現地時間2022年03月31日、iPhone 6s以降のiPhone, 第7世代iPod touch, 全てのiPad Proモデル, iPad Air 2以降, 第5世代iPad以降, iPad mini 4以降のiPadデバイス向けに「iOS 15.4.1/iPadOS 15.4.1 Build 19E258」をリリースしています。

iOS 15.4.1 Build 19E258

スポンサーリンク

バグ修正

 iOS/iPadOS 15.4.1では、Appleが03月14日にリリースした、マスク着用時でもFace IDを利用してiPhone 12以降のiPhoneをアンロックできるiOS 15.4と、MacとiPadでキーボードとマウスを共有できるユニバーサルコントロールをサポートしたiPadOS 15.4アップデート後に、

iOS 15.4とiPadOS 15.4の新機能

iPhoneやiPadのバッテリーが予想よりも早く消費される不具合や、テキストナビゲーション/通知表示中に点字デバイスが反応しなくなる不具合、Made for iPhone/iPad補聴器が一部のサードパーティ製アプリと接続解除される不具合が修正されているそうです。

iOS 15.4のバッテリードレイン

iOS 15.4のバッテリードレイン

セキュリティ

 また、Appleが同時に公開したセキュリティコンテンツによると、iOS 15.4.1/iPadOS 15.4.1では、アプリケーションからカーネル権限で任意のコードが実行される可能性のあるAppleAVDの脆弱性(CVE-2022-22675)が修正され、

About the security content of iOS 15.4.1 and iPadOS 15.4.1 - Apple Support

An application may be able to execute arbitrary code with kernel privileges. Apple is aware of a report that this issue may have been actively exploited.

About the security content of iOS 15.4.1 and iPadOS 15.4.1 – Apple Support

Appleは、匿名のセキュリティ研究者によって報告されたこのゼロデイ脆弱性が既に悪用されたという報告を確認しているそうなので、iOS 15ユーザーの方は時間を見つけてアップデートすることをお勧めします。

リリースノート

iOS 15.4.1

このアップデートには、以下のiPhoneのバグ修正が含まれます:

  • iOS 15.4にアップデートしたあと、バッテリーが予想よりも早く消耗する可能性がある問題
  • テキストナビゲートまたは通知表示中に点字デバイスが反応しなくなる可能性がある問題
  • “Made for iPhone”補聴器で一部の他社製Appとの接続が解除される可能性がある問題

iPadOS 15.4.1

このアップデートには、以下のiPadのバグ修正が含まれます:

  • iPadOS 15.4にアップデートしたあと、バッテリーが予想よりも早く消耗する可能性がある問題
  • テキストナビゲートまたは通知表示中に点字デバイスが反応しなくなる可能性がある問題
  • “Made for iPad”補聴器で一部の他社製Appとの接続が解除される可能性がある問題