iOS 14/iPadOS 14でホーム画面に固定できるようになったウィジェットの「スマートスタック」を使う方法。

スポンサーリンク

 iOS 14/iPadOS 14でホーム画面に固定できるようになったウィジェットの「スマートスタック」を使う方法です。詳細は以下から。

iOS 14のロゴ

 Appleは日本時間2020年09月17日、iPhoneやiPad向けにリリースした「iOS 14/iPadOS 14」ではAndroidのようにウィジェットがホーム画面に固定できるようになりましたが、このウィジェットの中には「スマートスタック」という特別なウィジェットが含まれています。

スマートスタック

スポンサーリンク

スマートスタック

 スマートスタックはアプリの使用頻度をもとに選ばれたウィジェットが積み重なった(Stack)ウィジェットで、ホーム画面に設置後、ウィジェットを上下にスワイプしてウィジェットを切り替えることができるようになっています。

iOS 14のスマートスタック・ウィジェット

 さらに、スマートスタックには[スマートローテーション]という機能が搭載されており、これはユーザーが使用したアプリの時間や場所、アクティビティをもとに、適切なウィジェットを適切なタイミングで表示してくれる機能で、

スマートローテーション

例えば、朝はニュースをチェックできるようApple News+のウィジェットが、昼間はミーティングや天気の情報をチェックできるようカレンダーや天気のウィジェット、帰宅すると1日のアクティビティを表示するウィジェットが自動的に表示されます。

iOS 14のスマートローテーション

 スマートスタックは複数のウィジェットをホーム画面に設置せずに複数のアプリのウィジェットをチェックでき、スマートローテーションもスマートスタックの[スタックを編集]オプションからOFFにすることができるので、iOS 14/iPadOS 14へアップグレードした方は試してみてください。