Veertuのインポート機能を利用して、Parallels Desktop 11 for MacのWindows 10を移行してみた。

スポンサーリンク

Warning: tempnam(): open_basedir restriction in effect. File(/tmp) is not within the allowed path(s): (/home/applech2/applech2.com/) in /home/applech2/applech2.com/public_html/wp-content/plugins/wp-appbox/inc/getappinfo.class.php on line 416

Warning: unlink(): open_basedir restriction in effect. File() is not within the allowed path(s): (/home/applech2/applech2.com/) in /home/applech2/applech2.com/public_html/wp-content/plugins/wp-appbox/inc/getappinfo.class.php on line 441

 Veertuのインポート機能を利用して、Parallels Desktop 11 for MacのWindows 10をVeertuへ移行してみました。詳細は以下から。

Veertu Hero

 本日アップデートされたVeertu v1.0.5では新たに他社の仮想イメージをVeertuの仮想イメージへ変換することが可能になったので、早速試してみました。

A new update to Veertu is now available in the App store. The key new addition in this update, is the ability to import existing VM images from other tools, like Fusion/Parallels/VBox. VM export is also supported. This feature is available as part of full paid download. We also added a Kali Linux VM image to the cloud image library.

Veertu 1.0.5 with VM import is now available in the App Store – Veertu – Run Windows and Linux on your Mac

インポート

 インポート機能は新規VM作成ウィンドウにある[Create New VM]から、[Import existing VMs]を選択し[Next]へ。

Import-existing-VMs-img1

 次にインポートするVMの名前を決め、[Pick VM image file]から既存のVMイメージファイルを選択します。今回はParallels Desktop 11 for Macで作成したWindows 10のイメージファイルをインポートしています。

Import-existing-VMs-img2

 後はVeertuがVMイメージを見て、自動でゲストOSに最適な仮想マシンを選択してくれるのでそれに従いますが、必要な場合はここで仮想マシンのH/W仕様を変更することも可能です。

Import-existing-VMs-img3

 設定は以上で、VMイメージのインポート処理には多少時間[*1]がかかりますが、以下の様にParallels Desktop 11 for Macで作成したWindows 10も簡単に移行できました。


*1:動画は途中2倍速にしてあります

 インポート機能を利用するには内課金(4,800円)が必要で、分割vmdkなどにはまだ対応していませんが、Veertu v1.0.5ではVMの保存場所の変更やHDPI, Ubuntuなど13のディストリビューションの無料インストールに対応しているので、他の仮想マシン構築アプリからの乗換を検討している方は試してみてください。

Veertu 無料

The app was not found in the store. 🙁

関連リンク