iPad Proの4GB RAMはiPhone 6s同様にSafariのブラウジングに大きな影響を与えているもよう。

シェアする

スポンサーリンク

 iPad Proの4GB RAMはiPhone 6s同様にSafariのブラウジングに大きな影響を与えているようです。詳細は以下から。


iPad-Pro-Hero


 先日発売されたiPad ProはiOSデバイスとしては初めて4GB RAMを搭載していますが、iDownload Blogの比較テストによるとiPad Air 2の2GB RAMとiPad Proの4GB RAMの差がSafariのブラウジングに大きな影響を与えているようです。


iPhone 6s vs. 6とiPad Pro vs. Air 2

 iDownload Blogが行ったベンチマークテストはiPhone 6s(2GB RAM)と6(1GB RAM)との比較テストと同様で、Safariで主要なメディアのWebページを順に開いていき、全て開き終わったらまた1版始めのWebページ(iDownload Blog)を開くというもので、




 結果は以下の動画の通り、iPad Proは全てのWebページをメモリ上に保持していますが、iPad Airはリロードが始まりWebページがレンダリングされるまでしばらく時間がかかったそうです。



The result? Unsurprisingly, when compared to the next most powerful iPad, the iPad Air 2, the iPad Pro performs much better when it comes to keeping web pages loaded in memory. Hence, browsing the web tends to be a smoother and more cohesive experience on the iPad Pro when compared to lesser equipped iPads. Watch our video walkthrough and see for yourself.

[4GB of RAM in the iPad Pro makes for a better Safari experience [Video] – iDownload Blog]

 AppleはiPhone 6sでAppleデバイスとしては初めてバンド幅34GB/sのLPDDR4を採用しているため、この差はメモリ容量で決まるWebページのキャッシュだけではなく様々なベンチマークテストにも影響を与えると思われます。


LPDDR-Bandwidth-Hero

関連リンク:

コメント

  1. Apple7743 より:

    surfacepro4は16GBだそうな。
    ペン追従性はiPadPro、それ以外はsurface有利かな?

  2. Apple7743 より:

    ※1
    そんな風に単純なカタログスペックで全てが決まるなら今頃iPhoneはAndroidに惨敗なんだよなぁ……

  3. Apple7743 より:

    OSが違う時点で比較にならないよ

  4. Apple7743 より:

    メモリに余裕があるのはいいことだ
    AirとAir2にも大きな隔たりがあったからなぁ。

  5. Apple7743 より:

    メモリ16GBのsurfacepro4は 25万超~なんだが

  6. Apple7743 より:

    mini4の2GBでもかなり違うように思うもん。
    あと3年は5sでいっかなーとか思ってたけどこれに慣れたら厳しいわ。
    4GBもいらんけどもiPhoneやiPadAirは2〜3GBは欲しいね。