Apple、4Kディスプレイ対応Macのサポートページを更新。iMac (Retina 4K, 21.5-inch, Late 2015)は4K外部ディスプレイを60Hzで利用可能。

スポンサーリンク

 Appleが4Kディスプレイ対応Macのサポートページを更新し、iMac (Retina 4K, 21.5-inch, Late 2015)は4K解像度の外部ディスプレイを60Hzで利用ことが可能となっています。詳細は以下から。


iMac-4K-Dual


 昨日発売されたiMac (Retina 4K, 21.5-inch, Late 2015)およびiMac (21.5-inch, Late 2015)ですが、Appleは4Kディスプレイが扱えるMacのサポートページを更新し、これらのiMacを追加しています。


Use-4K-displays-and-Ultra-HD-TVs-with-your-Mac2

 新しいiMac (Retina 4K, 21.5-inch, Late 2015)は既に技術仕様にも外部ディスプレイとして4K解像度のディスプレイが扱えると記載されていましたが、更新されたサポートページでは「SSTおよびMSTディスプレイで4K(4096×2160, 3840×2160)解像度を動作周波数60Hzで表示できる」という主旨の詳細な内容が追加されています。

Single-Stream (SST) displays
With OS X Yosemite v10.10.3 and later, most single-stream 4K (4096×2160) displays are supported at 60Hz on the following Mac computers:
iMac (Retina 4K, 21.5-inch, Late 2015)
[…]
With OS X Yosemite v10.10.3 and later, most single-stream 4K (3840×2160) displays are supported at 60Hz on the following Mac computers:
iMac (Retina 4K, 21.5-inch, Late 2015)

Multi-Stream Transport (MST) Displays
These Mac computers automatically detect and support MST-enabled displays at 60 Hz:

[Use 4K displays and Ultra HD TVs with your Mac – Apple Support]

 ただし、非RetinaディスプレイのiMac (21.5-inch, Late 2015)については、4K@60Hzの動作保証リストに記載がないため3840×2160@30 Hz、4096×2160@24 Hzといった限定的な動作になるようです。


iMac-Late-2015-技術仕様

関連リンク: