Apple、Apple Watchの文字盤に様々な情報を表示できるwatchOS 2の新機能「コンプリケーション」に対応したアプリをApp Storeで紹介。

スポンサーリンク

 AppleがApple Watchの文字盤に様々な情報を表示できるwatchOS 2の新機能「コンプリケーション」に対応したアプリをApp Storeで紹介しています。詳細は以下から。


Complications-Hero2


 watchOS 2ではサードパーティ製アプリがApple Watchの文字盤に情報を表示できる「コンプリケーション」を利用できるようになっており、既に複数のサードパーティ製アプリがこのコンプリケーションに対応したアプリをリリースしています。


complication_styles_2x
[About Complications – Apple]

 日本のApp Storeに開設された特設ページでは以下のアプリがコンプリケーションに対応したそうで、アプリを起動せずより多くの情報を文字盤で見ることができるようになっています。(海外ではこの他にもCNNニュースやTimelyなどがコンプリケーションに対応したアプリをリリースしています)

 また、雨降りアラームやエキサイトニュースアプリなどはwatchOS 2の「タイムトラベル」機能にも対応しており、Digital Crownを回すだけで6時間後の天気予報や過去のニュースをチェックできるようになっています。


コンプリケーション-watchOS2-Hero

 コンプリケーションの設定はiPhoneのWatchアプリから[マイウォッチ] > [コンプリケーション]に移動してコンプリケーション対応アプリをリストに追加し、Apple Watchの文字盤のカスタマイズからコンプリケーションを設定します。




関連リンク:

コメント

  1. Apple7743 より:

    「複雑」…!?
    これどういう意味で?
    ネイティブに疎い俺にはわからないかもだ。

  2. Apple7743 より:

    複雑化、というか組み合わせ、という意味では?

  3. Apple7743 より:

    ありがとうございますm(_ _)m

  4. Apple7743 より:

    >>1
    コンプリケーションの直訳は確かに「複雑」だけど、複雑な機構を搭載した機械式時計のことを「コンプリケーション」って呼んだりもする
    アップルウォッチはスイスの高級時計を意識して作ってるところもあるし、対抗意識からこういった名前になったんじゃないかな

  5. Apple7743 より:

    なるほどぉ…
    ためになりました!
    多分もう届かないだろうけどありがとうございました!