Apple Watchに関するApple Special Eventの基調講演まとめ。その2 操作編。

スポンサーリンク

 Apple Watchの基調講演その1の続きです。

「Apple Watchは非常によく考えられて作られている。その1つがユーザーインターフェースだ。Appleは今までMacにはマウス、iPodにはクリックホイール、iPhoneにはマルチタッチを搭載してきた」。


MacのマウスiPodのクリックホイール
iPodのクリックホイール


「Apple Watchにも優れたインターフェイスが必要だ。ディスプレイの小さいApple WatchはiPhoneの様なタッチスクリーンインターフェイス向きではない。これじゃあミスタッチで動かない(会場から笑い声)」。


Apple Watchの様な小さいディスプレイではiPhoneの様な操作は無理

「そこで、Apple Watch右横にはホームボタンと(我々が)”Digital Crown”と呼んでいるダイヤルが設置されており、これによって操作する」


Apple Watch Outside Button

「”Digital Crown”を回すことで地図のズームやリストのスクロールが可能で、とても素晴らしいナビゲーションデバイスになっている、例えばマップアプリで”Digital Crown”を回転させればズームアップされ」。


デジタルクラウンを回して地図をズーム

「リスト画面で回転すればスクロールされる」


デジタルクラウンを回してリストをスクロール

「また、”Digital Crown”を押せばホームスクリーンが表示されます」


デジタルクラウンを押してホームスクリーンに戻る

ここで、IveのApple Watchビデオが始まり、”Digital Crown”下にあるボタンについての紹介が始まります。Ive「Crown下のボタンは”Friend”にアクセスできるボタンだ」


Crown下のボタンは

「これを押すとiPhoneに登録されたアドレス帳が表示され、すぐに電話やメッセージを送ることが出来る」


すぐに電話やメッセージを送ることが出来る

「更に新しいコミニケーション手段として”Digital Touch”が搭載されている、これはApple Watchを付けた他のユーザーにApple Watch上で描いたモノをそのまま送信できる機能だ」


Apple-Watch-Digital-Touch

と紹介しています。


コメント

  1. Apple7743 より:

    この薄さで手首に付けてたら横のダイアルなんて回せないだろ・・・

  2. Apple7743 より:

    デジタルクラウンは何も摘まんで回すんじゃなくて、上から指を添えるだけでも回せるんじゃないかな?
    スラムダンクの「右手は添えるだけ」みたいに

  3. Apple7743 より:

    つか防水性がどうなんか気になるわ。しかし筐体もさる事ながらラバーベルトはIkepodのやつをまんま持ってきたな〜w

  4. Apple7743 より:

    かってSONYにはジョグダイアルというダイアルを回して操作するインターフェイスがあってだな…まぁいいか
    アイブ曰く「時計で有名なスイスに迷惑をかけるかも…」だって(≧艸≦)ブブブ

  5. Apple7743 より:

    米4
    同じインターフェースでも使えるように出来るメーカーとそうで無いとこが出した結果って全然違うからね。

  6. Apple7743 より:

    米5
    指紋認証がいい例だよな
    別に真新しい技術ってわけじゃないけど、手軽さと精度でかなり浸透してきてる

  7. Apple7743 より:

    でかいスマホを手にもって電話するのが嫌なので、こういうデバイスはどんどん出て来て欲しい。
    でも時計タイプはスピーカーが問題だよなぁ。充電が面倒臭いBluetoothのイヤホンは必須は嫌だ。
    板ガムぐらいのサイズで小型液晶とジョグダイアル操作で電話が出来て、
    スマホ本体に引っ付けると非接触充電が出来る分離デバイス出してくれ。

  8. Apple7743 より:

    ジョグダイヤルより前に竜頭があるわけだがな
    マウスにGUI、トラックパッドにトラックボール、静電マルチタッチにフリック、、、
    ソニーってアップルにインターフェースで偉そうなこと言えんの?役者が違うよ(皮肉)