iOS 9では新たに「低電力モード」機能が追加され、iPhoneが完全に充電されるまで不必要な機能をオフにし電力消費を一時的に抑えることが可能に。

スポンサーリンク

 iOS 9では新たに「低電力モード」機能が追加され、iPhoneが完全に充電されるまで不必要な機能をオフにし電力消費を一時的に抑えることが可能になっています。詳細は以下から。

iOS 9

 iOS 9ではiPhoneやiPadを利用しない時にバッテリー消費をより抑える「低電力モード (Low Power Mode)」が搭載されています。iOS 9の設定アプリには新たに[バッテリー]項目増えており、ここから低電力モードをON/OFFにできます。

iOS 9とiOS 8

 低電力モードをONにすると「メールの取得」「Appのバックグラウンド更新」「自動ダウンロード」「視差効果などのビジュアルエフェクト」などが一時的に低減/無効化され、バッテリーアイコンが黄色に変化します 。

iOS 9 Low Power Mode

 バッテリーを充電する時間がない旅行や出張、災害時などiPhoneやiPadの駆動時間を少しでも長くしたい時に利用できると思いますので確認してみてください。

関連リンク:

コメント

  1. Apple7743 より:

    これはいいね。
    あとsplit viewができてほんと便利になったな。昨日iOS9にして操作性試してるけど、air2が完全スペックになった感じがする。特に横向きで使った時は2アプリはなんの問題もなく使えて相性最高。

  2. Apple7743 より:

    初代iPad mini 使ってるけど、iOS9新機能のなかの省電力モードを含むいくつかの機能が使えないようで残念。

  3. Apple7743 より:

    ipad mini2にも無い

  4. Apple7743 より:

    今更ですけどiPadに省電力モードはありません。iPhoneだけの機能です。