MacにカメラやSDカードが接続された際に自動起動してしまう「写真アプリ」を止めるdefaultsコマンドが発見される。

スポンサーリンク

 MacにSDカードやカメラが接続された際に自動的に起動してしまう「写真アプリ」を止めるdefaultsコマンドが発見されたそうです。詳細は以下から。


Photos-for-OS-X-Hero


 Appleが新しくリリースした写真アプリ(Photos.app)はカメラやDCIMフォルダが有るSDカードなどをMacに接続すると自動的に写真アプリが起動するようになっていますが、カメラマン向けの記事を掲載している専門サイトPetaPixelによると、この自動起動を抑制するdefaultsが見つかったそうです。

If you’re a Mac user and are annoyed that OS X automatically launches Apple Photos every time you connect a device or insert a memory card, there’s good news for you: you can disable the program from launching for all devices with a single command.

Stop Apple Photos from Auto Launching in OS X with One Command

defaultsコマンド

 自動起動を抑制するdefaultsコマンドは以下の通りで、ターミナルを起動し以下のdefaultsコマンドを入力、オプションが「YES」の場合は自動起動を禁止、元に戻したい場合は「NO」に変更してもう一度同じdefaultsコマンドを入力すれば自動起動を再会できます。


defaults-currentHost-ImageCapture-disableHotPlug

$defaults -currentHost write com.apple.ImageCapture disableHotPlug -bool YES

 この設定は写真アプリのplistではなくイメージキャプチャアプリのplistを利用するのがポイントで、最初に発見したのはRedditユーザーの方のようですが、この記事は既に3,000シェア(Redditは500+ upvote)ほどされているので、自動起動に困っていた方は試してみてください。

関連リンク

コメント

  1. Apple7743 より:

    これ助かる!
    今までカメラごとにイメージキャプチャ起動して設定いじってたけど、それを一括でできる!
    他のカメラマンのカメラを接続した時に写真が起動するとズーッと待たされて気まずい雰囲気になってたし。

  2. Apple7743 より:

    defaultsコマンドを探索する人には頭が上がらない

  3. Apple7743 より:

    これ、やってみたんだけどな・・・。
    コマンドライン丸々コピペでやっても「command not found」と返されちゃったんだよな。
    ググってコマンドの並びにおかしいとこはなさそうなんだけど、何が原因かわからないUNIX超初心者(´・ω・`)

  4. Apple7743 より:

    ありがてぇありがてぇ・・・

  5. Apple7743 より:

    >>3
    最初の$は不要ですよ

  6. Apple7743 より:

    >>1
    すっごくよくわかる場面だた

  7. Apple7743 より:

    iPadの大量展開のときも助かるな
    つーか、こんくらい環境設定で挙動変更させーやって思うわ