96台のMacBook Pro Retinaを1つのサーバーラックに詰め込んだ様子。

スポンサーリンク

 96台のMacBook Pro Retinaを1つのサーバーラックに詰め込んだ様子が公開されています。詳細は以下から。


96-MacBook-Pro-Reina-in-one-Server-Rack


 ある会社のインフラエンジニアをしているSteveさんが、96台のMacBook Pro Retinaを1つのサーバーラックに詰め込んだ様子を公開しHackerNewsなどで話題になっています。この様子を公開したSteveさんは自社サービスのテストにRetinaディスプレイを搭載したMacが必要となり、96台のMacBook Pro Retina (Core i7, 16GB RAM)を購入。


img_1601

We had a need to introduce 96 MacBook Pro’s for our product testing. Our requirements included Retina displays, small form factor, low power, cool running, Apple branded hardware, high density design, i7 CPU’s, 16GB RAM, etc… This is what I came up with.

[96 MacBook Pro’s in one rack. – Steve’s Blog]

 MacBookは3Dプリンターで作成したクサビ(wedge)を使用し7mmだけRetinaディスプレイを開き3台のMacBookが重なるように1Uに収められており、これによりエアフローを確保しているそうです。また、ネットワークには”Thunderbolt to Ethernetアダプタ”を使用し、電源ケーブルはAppleのMagSafe電源アダプタにショートケーブルを使用し綺麗にケーブルマネージメントされています。


96-MacBook-Pro-Reina-in-one-Server-Power2

Shelf pulled out. Notice 3 MacBook Pro’s nested together. They are actually being held open 7mm by a custom 3D printed wedge. This opening allows for the screen to be used for testing as well as ample air circulation. You can’t see the temperature sensors tucked into each notebook’s keyboard area.

[96 MacBook Pro’s in one rack. – Steve’s Blog]

 Steveさんは以前にも160台のMac miniを使用したクラスタなどを作成しているので、興味がある方は関連リンクからSteve’s Blogへどうぞ。

関連リンク:

コメント

  1. Apple7743 より:

    テスト終わったらオレにくれ!

  2. Apple7743 より:

    縦にしないのは素人

  3. Apple7743 より:

    次はiPadを使用したクラスタだな

  4. Apple7743 より:

    川の字に並んでるMacBookがかわいい

  5. Apple7743 より:

    確かに、MacBook Pro を横に詰め込んで
    排熱は大丈夫なんだろうか?

  6. Apple7743 より:

    MBPが入っている棚と棚の間隔は少し空けてあるし、何より扉に付いているデカいファンは風量の多いタイプのはず。
    ああいうラックに入れるんだから静音ナニソレ? 的な力技ソリューションだよ。

  7. Apple7743 より:

    自作しないマカーには縁が無いだろうけど、ファンの風量って当てにならない。
    ファンによる排熱で引き合いに出されるのは静圧と風量だが、両者は反比例の関係にある。
    空気抵抗が少ない場所の熱を取り去るには風量の多いタイプが有効だが、ファンと対象物が近くて複雑な経路を取る場合は静圧の高いファンを選択しなければならない。

  8. Apple7743 より:

    で、こんなことしてどうすんだこれ?

  9. Apple7743 より:

    これサーバーラックに詰めてるけど、クライアントとして使うのか?