OS X 10.10.4までに存在する権限昇格脆弱性のゼロデイ攻撃も抑制できるマルウェア対策アプリ「BlockBlock」がアップデート。cronジョブのブロックが可能に。

シェアする

スポンサーリンク

 Mac用マルウェア対策アプリ「BlockBlock」のベータ版がアップデートしています。詳細は以下から。


BlocBlock-Block-launch-deamon


 以前レビューした”BlockBlock”は元NSAのセキュリティチームで現在は脆弱性チェックサービスSynackのR&D部門でディレクターを務めるPatrickさんが開発しているマルウェア対策アプリで、Launch Deamonやログインアイテムがインストールされると警告を表示してくれる機能があります。


BlockBlock-Beta-PDF

 昨日このBlockBlockがv0.9.3にアップデートしOS X 10.9 Mavericksで発生するいくつかの不具合や「cronジョブを特定/ブロックする」機能を追加したそうです。

VERSION 0.9.3 (8/4/2015)
・ added new plugin (beta) to detect/block creation of cron jobs
・ fixed several Maverick-specific bugs
・ added code to invoke plugin’s ‘allow’ method, when related item is automatically remembered

[BlockBlock Changelog – Objective-See]

 なおこのBlockBlockは昨日AppleがXProtectをアップデートし対策したOS X 10.10.4 Yosemiteまでに存在する権限昇格の脆弱性を利用したマルウェアインストーラーの抑制も可能なので、気になる方はPatrickさんが運営するサイト”Objective-See”へどうぞ。


関連リンク:

コメント

  1. Apple7743 より:

    また元NSAネタ?
    頑固な役員がカスペルスキーのエンタープライズ版を導入したので酷い目にあったわ。
    元何某とかいう肩書きは信用に値しない。