MacBook (Retina, 12-inch, Early 2015)でFinal Cut Pro Xは実用的に使えるのか?

シェアする

スポンサーリンク

 「全てが新しくなったMacBook (Retina, 12-inch, Early 2015)はFinal Cut Pro Xを使用するのに耐え得るMacなのか?」疑問に対しTLDがその質問に回答しています。詳細は以下から。


CJVOotxVEAASR-W


 Techfast Lunch&Dinner(TLD)のMatt Pearceさんが公開したこの動画は「新しいMacBook Retina 12インチでFinal Cut Pro Xを使用するとどうなるでしょう?」という疑問に答えた動画で、MacBook (Retina, 12-inch, Early 2015)のベースモデル(Core M 1.1GB)を使用し以下の様なTLDベンチマークテストを行っています。


 TLDベンチマークの詳細と結果は以下の様になり、

  • 58クリップとオーディオトラック1つの3分の動画を1080pで書き出し:1分20秒
  • 3Dテキストレンダリング動画を4Kで書き出し:4分08秒




 結論としては「新しいMacBookはとても素晴らしいが、あなたがもしビデオ編集のために購入しようとするなら、それは馬鹿げた話だ。同じ価格帯のMacBook ProやWindows PCをお勧めします」とコメントしています。また、TLDベンチマークテストに使用したFCPXのサンプル プロジェクトも以下に公開されているので、興味のある方は手持ちのMacと比較してみてください。

関連リンク:

コメント

  1. Apple7743 より:

    これどれくらいの速度なんだろ、コントロールは?

  2. Apple7743 より:

    MacBook Air 2015 i7は55秒だった。

  3. Apple7743 より:

    エディットはそれなりにさくさくで、1080p なら普通にこなせるけど、書き出し速度はクロック相応なのでたくさん編集する人は MacBook Pro のほうがいいだろうねって感じか

  4. Apple7743 より:

    *2
    Mac mini 2014の特盛りで50s。
    PCIeSSDはMacBookも同じだからCoreMの性能差ぽいね。