Apple、Java 6をサポートする最後のOS X El Capitan向けに「Java for OS X 2015-001 Beta」を公開。

スポンサーリンク

 AppleがJava 6をサポートする最後のOS X El Capitan向けに「Java for OS X 2015-001 Beta」を公開しています。詳細は以下から。


Java-for-OS-X-2015-001-Beta-HP


 Appleは「OS X 10.11 El CapitanをOracleが2013年にサポートを打ち切ったJava 6のサポートする最後のOS Xとする」と開発者向けに発表しており、Adobe CSやFlash Builder, Eclipseユーザーが対応を求められていますが、

関連リンク

Java
Note:OS X El Capitan is the last major release of OS X that will support the previously deprecated Java 6 runtime and tools provided by Apple. Applications or features that depend upon Java 6 may not function properly or will not launch when Java 6 is removed. Developers should move to a newer version of Java as provided by Oracle. For more info on Java from Oracle: http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/overview/

[OS X v10.11 Release Notes – Apple Developer]

 AppleはOS X 10.11 El Capitan Developer Beta 3と同時にEl Capitan向けのJava 6ランタイム”Java for OS X 2015-001 Beta”を公開しています。このパッケージはJava for OS X 2013-005 に含まれるのと同じバージョンの Java 6 がOS Xにインストールされ、レガシィ Javaが必要なアプリを起動するのに使用可能とのことなので、必要な方は以下の関連リンクからどうぞ。


Java-for-OS-X-2015-001-Install

This package is exclusively intended for support of legacy software, and installs the same deprecated version of Java 6 included in the 2013-005 release. If you require Java for applets or other non-legacy uses it is recommended you download the latest version of Java from http://java.com.

[Java for OS X 2015-001 Beta – Apple]

関連リンク: