Apple、MacBookのAppleCarePlanを更新。バッテリーの充電可能量が元の80%未満になってしまった場合にもバッテリーの交換が可能に。

スポンサーリンク

 AppleがMacBookのAppleCarePlanを更新しバッテリーの充電可能量が元の80%未満になってしまった場合にもバッテリーの交換を可能にするとしています。詳細は以下から。


Apple-Update-AppleCare-Plan-Hero


 Appleは現地時間6月29日付けでMacのAppleCare”AppleCare Protection Plan for Mac”のサポートページを更新し、今まで「不良バッテリー」を交換するという文言を「バッテリーの充電可能量が元の80%未満になってしまったバッテリー」も交換すると変更しています。


AppleCare-Update-for-Mac

Your Apple One Year Limited Warranty or AppleCare Protection Plan includes replacement coverage for a defective battery. If you purchased an AppleCare Protection Plan for your Mac notebook with a non-removable battery, Apple will replace the notebook battery at no charge if it retains less than 80 percent of its original capacity. If you do not have coverage, you can have the battery replaced for a fee.

[About Mac notebook batteries – Apple Support]

 現在は日本語のサポートページは更新されていませんが、英語のサポートページでは以下のMacBookシリーズが新しい規約の対象になるそうです。

  • MacBook (13-inch, Late 2009) and later
  • All MacBook Air computers
  • All MacBook Pro computers with Retina display
  • MacBook Pro (13-inch, Mid 2009) and later; MacBook Pro (15-inch, Mid 2009) and later

関連リンク:

コメント

  1. Apple7743 より:

    以前の記事もそうだったが、この記事タイトルも
    MacBook 2015 なのか MacBookシリーズなのかしっかりしてくれよと思う。
    記事を最後まで読めばわかるけどさぁ
    そもそもはAppleのネーミングが悪いんだが、ばかみたいに倣わなくったっていいだろうよ。

  2. Apple7743 より:

    さすがにこのネタにまで文句言ってきたらすげえなと思ってたけど
    俺が想像していた以上に文句言いたいだけだったw

  3. Apple7743 より:

    まぁ分かりづらいネーミングの問題はあれど
    バッテリー寿命80%で交換してもらえるとなると
    結構太っ腹と言っても良いのでは?