Apple、OS X 10.10.3アップデート後、一部のiMacがJPEGファイルを表示するだけでカーネルパニックを起こす不具合に対し「iMac Graphics Update」を提供。

シェアする

スポンサーリンク

 AppleがOS X 10.10.3アップデート後、一部のiMacがファイルサイズの大きいJPEGファイルをプレビューするだけでカーネルパニックを起こす不具合に対し「iMac Graphics Update」を提供しています。詳細は以下から。


iMac-with-Retina-5K-display-Hero


 OS X 10.10.3にアップデート後、一部のMac(iMac)でファイルサイズの大きいJPEGファイルをFinderまたはPreviewアプリで表示した際にカーネルパニックを起こす不具合b.hatenaがApple Support Communitiesなどで報告されていましたが、今日Appleはこの不具合に対し「iMac Graphics Update」をリリースしています。


iMac-Graphics-Update-Hero

If your iMac (2013 or 2014 model) restarts when opening a JPEG image in Finder or Preview
When using OS X v10.10.3, opening certain very large JPEG images might cause your iMac to restart and display an error message.

If you’re using using OS X Yosemite v10.10.3 and one of the following iMac models, viewing certain very large JPEG (.jpg) images in the Finder or Preview can cause your iMac to briefly stop responding, display a black screen, and restart to a message that your computer restarted because of a problem.
iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2014)
iMac (27-inch, Late 2013)
iMac (21.5-inch, Late 2013)
[If your iMac (2013 or 2014 model) restarts when opening a JPEG image in Finder or Preview – Apple Support]

 このアップデートは2013年以降のiMac(iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2014), iMac (27-inch, Late 2013), iMac (21.5-inch, Late 2013))で発生する様で、iMac Graphics UpdateはMac App StoreかAppleのサポートページからダウンロード可能。提供されたpkgを見てみると”VP_NRInterface.bundle”と”AppleVPA.framework”が更新されている様です。


iMac2015Update1

このアップデートでは、一部の非常に大きい JPEG イメージを表示するときに iMac コンピュータが反応しなくなることがある問題が解決されます。

影響を受ける機種:
iMac(Retina 5K, 27-inch, Late 2014)
iMac(21.5-inch, Late 2013)
iMac(27-inch, Late 2013)

このアップデートについて詳しくは、次の Web サイトを参照してください:
http://support.apple.com/kb/HT204779?viewlocale=ja_JP

関連リンク:
iMac Graphics Update – Apple

コメント

  1. Apple7743 より:

    なんだーバグだったのかー
    自分だけかと思ってた

  2. Apple7743 より:

    これでOS X 10.10.3リリース後 追加アップデート3つ目だぞ…

  3. Apple7743 より:

    このバグiMacだけじゃないと思うんだが…