Appleの新しい写真”Photos”アプリからサポートされたiCloudフォトライブラリはiOS 8.3搭載のiPhoneのバッテリー消費も早めているもよう。

スポンサーリンク

 Appleの新しい写真”Photos”アプリからサポートされたiCloudフォトライブラリはiOS 8.3搭載のiPhoneのバッテリー消費も早めているようです。詳細は以下から。


Apple-iCloud-Photo-Library-Hero


 Six ColorsやのエディタJason Snellさんが「OS X 10.10.3と一緒にリリースされたAppleの新しい写真アプリでiCloudフォトライブラリを有効にしておくと写真エージェントが常にバックグラウンドで動作し続けネットワークを圧迫する」と記事にしていましたが、


アクセシビリティモニタ-写真アプリ

 このバックグラウンドプロセスはiCloud フォトライブラリがサポートされたiOS 8.3でも同じようで、YouTubeでGadgetのレビューチャンネルを公開しているMichaelさんや多数の方[1, 2, 3]が「iOS 8.3にアップデートしてからバッテリーの消費が早くなった」としており、その原因が写真アプリのiCloudフォトライブラリ機能にあると指摘しています。


iCloudフォトライブラリをOFFにする方法

 以上のようにiOS 8.3搭載のiPhoneやiPadでiCloudフォトライブラリをONにしておくと、iPhoneがWi-Fiに接続されると撮影した写真やスクリーンショットが自動的にiCloudにアップロードされるためバッテリーを消費するようなので、設定アプリの[iCloud] > [写真] > [iCloudフォトライブラリ]または[自分のフォトストリームにアップロード]をOFFにしておくとバッテリー消費が改善されるかもしれません。


iOS-8-3-iCloud-Photos-Upload-OFF

関連リンク:
Appleの新しい写真”Photos”アプリとiCloudフォトライブラリを使用し始めてからネットワークが遅くなった場合、写真アプリのバックグラウンドプロセスが原因かもしれない

Appleの新しい写真アプリはiPhotoライブラリをTimeMachineと同様ハードリンクを使用し移行するため、ユーザーはストレージ容量を気にせず移行することが可能b.hatena

コメント

  1. Apple7743 より:

    インデックス処理が終わってないだけなのか、それとも常に動作してるのかな?

  2. Apple7743 より:

    インデックスしかり、同期しかり、一通り終われば落ち着く気がする

  3. Apple7743 より:

    同期が完了するまでは仕方がないと思います。
    約1万枚ほどの同期にはそれなりに時間かかりましたが、同期完了してからは新しく写真を追加しない限りバッテリー使用状況画面にも写真アプリのアイコンは見当たりません。

  4. Apple7743 より:

    そもそも画像の管理をアプリでする人っているのか?
    俺は全部フォルダーで管理しているけど

  5. Apple7743 より:

    これ俺も実験してみた。
    >>2,3さんが指摘している通り一度インデックス作成&iCloudドライブとの同期が終われば写真の動作は落ち着く
    でも、ねこあつめアプリでスクリーンショット撮ったり、写真撮ったりするとまた直ぐにiCloudドライブとの同期が始まる。
    同期は設定のiCloud→写真でシークバーが動いてるから確かめてみるといい、1枚写真とっただけでも直ぐに同期しちゃう。
    そういう仕様だからしょうがないんだろうけど、一定の枚数が貯まったら同期する設定も欲しかったね…

  6. Apple7743 より:

    >>5
    そこまでバッテリーにシビアになるならゲームなんかや…
    いや、一時的に同期してほしくない時はコントロールセンターでWi-Fi切ればいいと思うよ。
    ていうか複数デバイスで同期するシステムなんですけど根本的な仕組みが分かってないというか今どき嘘でしょ?って記事ですな。

  7. Apple7743 より:

    俺が海外でiPhone使って写真撮りまくって、水没させてデータおじゃんになる前に、このシステムをリリースしてくれていればな。
    というわけで素晴らしいサービスに間違いないので多少バッテリーくらいキニスンナと言いたい。

  8. Apple7743 より:

    >>4
    昔はそうしてたがもう面倒だし結局ソフト側でちゃんと読めないとアルバム作る羽目になる