Twitter、iOS用公式アプリをアップデート。「Adaptive UI」を採用しiOS 9の新機能Slide OverやSplit Viewでも最適の表示が可能に。

シェアする

スポンサーリンク

 iOS版TwitterアプリがアップデートしiOS 9の新機能Slide OverやSplit Viewに対応したそうです。詳細は以下から。


Twitter-for-iOS


 Twitterは公式Twitterアプリをアップデートし、今までiPhoneとiPadで別々に開発を続けていた公式アプリを統合し、様々な解像度に対応するレスポンシブデザインWebデザインの考え方を取り入れ、様々なデバイスに対応するフレームワーク”Adaptive UI”を開発したと伝えています。

Today, there are many sizes and classes of devices, each with varying features and use cases. Web designers have been handling this challenge for years using responsive web design.

[…]
We used these methodologies as our model. Our development of a new iPad experience reflects a responsive philosophy, which led us to develop a framework accommodating a multi-device ecosystem. We call this framework “adaptive UI.”

[Building a more unified Twitter for iOS – Twitter Blogs]

 Adaptive UIフレームワークはデバイスの種類、向き、表示サイズに合わせテキストサイズや画像の大きさを最適化することが可能で、これによりiOS 9の新機能「マルチタスキング」のSlide OverやSplit Viewでも最適の表示が可能になっているそうです。


iOS9-Split-View

 また、Twitter for iPhoneをiPadと統合しTwitter for iOSにしたことで、今までTwitter for iPadでサポートされていなかった引用ツイートトレンドサーチお勧めの商品や場所表示にも対応したそうなので、iPadユーザーの方はアップデートしてみてください。

関連リンク: