Apple、2016年6月1日以降に申請するアプリに対し、iOS 9上でのIPv6-onlyネットワークのサポートを必須に。

スポンサーリンク

 Appleが2016年6月1日以降に申請するアプリに対し、iOS 9向上でのIPv6-onlyネットワークのサポートを必須にすると発表しています。詳細は以下から。

iOS9-logo-icon

 Appleは現地時間5月4日、開発者向けニュースで2016年6月1日以降に申請するiOSアプリに対し、iOS 9上でIPv6-onlyネットワークのサポートが必須になると通知しています。

OS-X-10-11-iOS9-IPv6-Support

Supporting IPv6-only Networks
May 4, 2016
At WWDC 2015 we announced the transition to IPv6-only network services in iOS 9. Starting June 1, 2016 all apps submitted to the App Store must support IPv6-only networking. Most apps will not require any changes because IPv6 is already supported by NSURLSession and CFNetwork APIs.

Supporting IPv6-only Networks

 Appleは去年のWWDC 2015でIPv4からIPv6への移行を進めると発表しており、iOS 9向けアプリのIPv6-onlyネットワークサポートに加え、OS X 10.11 El Capitanを搭載したMacでIPv6ネットワーク環境をテストできるNAT64ネットワーク機能の追加や、

IPv6-Test-Network-Hero

iOS 9とOS X 10.11 El CapitanでIPv6を優先して使用する「Happy Eyeballs」アルゴリズムを変更などの対策を行っています。

コメント

  1. 匿名 より:

    最新のAirMacエクストリームやTime CapsuleでIPv6にうまく接続できない問題は
    どうにかなったの?NTT東が悪いとか、アップルの仕様が良くないとか、なすりつけ合ってるけど・・・。

  2. 匿名 より:

    ipv6、これが起爆剤になるのかな

  3. 匿名 より:

    テストやって問題なければ審査通るかな

  4. 匿名 より:

    セキュリティの観点からipv6への移行は避けられないだろうけど、性急じゃないの?

    フリーソフトに依存しすぎるosではセキュリティの穴を塞ぐのに時間がかかるだろ。
    MSみたいに自社でtcp/ipスタック作れるぐらいになってからでも遅くない。