iOS 9.2ではSFSafariViewControllerでサードパーティエクステンションがサポートされ、Tweetbotに1Passwordを利用してアカウントを追加することも可能に。

スポンサーリンク

 iOS 9.2ではSFSafariViewControllerのサードパーティ Action Extensionがサポートされているそうです。詳細は以下から。


iOS9-Release-Hero


 昨日公開されたiOS 9.2ではAppleがiOS 9で追加したWebビュー「SFSafariViewController」がサードパーティ Action Extensionをサポートし、1Passwordを開発しているAgileBitsによると、

SFSafariViewController now supports 3rd party Action extensions. Any Action extension that works in Safari will also work in SFSafariViewController.

iOS 9.2 Release Notes – Apple

 このWebビューを既にサポートしているTweetbotへアカウントを追加する際、TweetbotからWebビューを呼び出した後、1Passowrd Extensionを利用しIDとパスワードを入力することが出来、シームレスにアカウントを追加できるようになっているそうです。


SFSafariViewController-Tweetbot-to-1Password

Yay! Thank you, Apple!

Finally I returned home and was able to verify the amazing news: the 1Password App Extension API will simply appear in all Safari View Controllers in any app! After spending weeks working on this, I was ready to buy everyone at Apple a beer.

Let’s have a look at how this actually works. In the following example, you can see how easy it is to use 1Password to add your account to Tweetbot, one of the most popular Twitter clients.

iOS 9.2 adds 1Password to many new apps – AgileBits

 どの様な動きをするかはAgileBitsのブログに動画が掲載されており、細かい変更点はmono0926さんがQiitaにまとめられているので興味のある方は関連リンクからそちらの記事をどうぞ。

関連リンク

コメント

  1. Apple7743 より:

    Force Touchのジェスチャーもできるけど、なぜかバイブレーションが無効になってるな。