Windows 10 Tech Previewを試験的にサポートした「Parallels Desktop 10 for Mac」でWindows 10をインストールしてみた。

スポンサーリンク

 昨日リリースされた「Parallels Desktop 10 for Mac Build 10.1.4 (2883)」ではWindows 10 Technical Previewが試験的にサポートされウイザードから簡単にWindows 10 Technical Previewがインストールできるようになったということで使ってみました。詳細は以下から。


Parallels-Desktop-10-1-4-アップデート

This update for Parallels Desktop 10 for Mac build 10.1.4 (28883) addresses overall stability issues, and includes the following fixes and enhancements:

・Resolves an issue with Parallels Tools continual re-installation on Windows 10 Technical Preview
・The most recent Windows 10 Technical Preview build is now available for download from the Parallels Wizard.

[Parallels Desktop 10 for Mac. Latest update. – KB Parallels]


 Parallels Desktop 10 for Mac Build 10.1.4 では「Parallels ウィザード」の無料システムにWindows 10のインストールオプションが増えています。


Parallels-ウィザード-Windows-10-TP-install-1

 Windows 10を選択するとWindows Insider Programの注意事項が表示され、


Parallels-ウィザード-Windows-10-TP-install-2

 エディションの選択画面で日本語を選択。


Parallels-ウィザード-Windows-10-TP-install-3

後は名前とインストールディレクトリを選択するだけで、自動的にインストールが開始されます。


Parallels-ウィザード-Windows-10-TP-install-4
Parallels-ウィザード-Windows-10-TP-install-5

 今まで必要だったVM shellも必要無く、ほぼ全自動でWindows 10 Technical Previewが体験できるので、Parallels Desktop for Mac v10ユーザーの方はアップデートついでにどうぞ。


Windows-10-Technical-Preview-Parallels-Desktop

関連リンク:
TekRevue、Parallels Desktop 10&VMware Fusion 7&VirtualBox 4でWindows7を動かした際のベンチマークスコアを掲載b.hatena

コメント

  1. Apple7743 より:

    いやいや、有難がってる場合じゃない。
    VISTA機にもインストールできるなら、そのままバージョンアップしなくてもいいはず。
    この企業に騙されてるよ。絶対買いたくない。

  2. Apple7743 より:

    >>1
    Parallels 持ってる人がもっと簡単にWin10試せるようになったってだけで、何を焦っておいでか。

  3. Apple7743 より:

    Vistaから10へアプグレード出来るということと、仮想化ソフトのバージョンを上げなくていいことは、全然繋がらないよ?