クリックだけでOS Xのインストールディスクを作成できるアプリ「DiskMaker X」がOS X Yosemite Beta & Developer Previewに対応。

シェアする

スポンサーリンク

 クリックだけでOS Xのインストールディスクを作成してくれる「DiskMaker X」がOS X Yosemite Betaに対応しています。詳細は以下から。


「DiskMaker X(旧Lion DiskMaker)」はOS Xのパッケージ販売されなくなったOS X 10.7 Lionのインストールディスクを作成するために作られたアプリで、今回OS X 10.10 Yosemite Developer Preview, Public Betaにも対応したそうなので使用してみました。


DiskMaker Xで作成したOS X 10.10 Yosemiteのインストールディスク


必要なもの

インストールディスクを作成するのに必要なものは以下の通り、

・8GB以上のUSBメモリ

・Install OS X 10.10 Developer Preview.app
 (または Install OS X Yosemite Beta.app)

・インストールディスク作成用のMac

DiskMaker X 4b.hatena


OS-X-Yosemite-Install-Disk-img1

使い方

1.DiskMaker Xを起動して「Yosemite DP (10.10)」を選択。


DiskMaker Xを起動して「Yosemite DP (10.10)」を選択

2.「このアプリはベータ版なので自己責任”own risk”で使用して下さい」という警告が出るので「I am brave!」で次へ。


このDiskMaker Xはまだベータ版なので自己責任

3.Install OS X 10.10 Developer Preview.appを自動的に検索して使用してくれます。


DiskMaker XはInstall OS X 10.10 Developer Preview.appを自動的に検索して使用してくれます

自動検出されなかった場合はInstallESD.dmgを含むインストーラーを指定して下さい
自動検出されなかった場合はInstallESD.dmgを含むインストーラーを指定して下さい。


4.インストールディスク(USB)を選択し、フォーマット。


DiskMaker XでUSBメモリを選択し、フォーマット

5.管理者パスワードを入力。


DiskMakerXに管理者パスワードを入力

6.後はDiskMaker Xのプロセスが動いて、Finderが開いたりしますが数分で終了します(強制終了したい場合は[Command] + [Q])。


DiskMaker-X-make-OS-X-Yosemite-Install-Disk-6

7.しばらくすると作成プロセスが終了し、フォルダ壁紙やアイコンも設定されたUSBインストールディスクが作成されるので、Macを起動する際にOptionを押してこのインストールディスクを指定するか、システム環境設定.appの[起動ディスク]でこのUSBインストールディスクを指定して下さい。


DiskMaker Xで作成したOS X 10.10 Yosemiteのインストールディスク

 OS X Mavericksから採用された「createinstallmediaコマンド」を使ってもインストールディスクを作成できますがターミナルを使って作成するのが面倒という人はDiskMaker Xをどうぞ。


コメント

  1. Apple7743 より:

    10.7 Lionから数えて4回目のアップデートか
    今年もお世話になります