createinstallmediaツール 1行で「OS X 10.10 Yosemite Public Beta」のインストールディスクを作成する方法。

シェアする

スポンサーリンク

 今日リリースされたOS X 10.10 Yosemite Public Beta 1のインストールディスクを作成する方法です。詳細は以下から。

 OS X 10.10 Yosemite Developer Previewでは”createinstallmedia”に不具合がありasrコマンドを使用しインストールディスクを作成していましたが、PB1では修正された[1]ようなのでインストールディスクを作成してみました。


os-x-10-10-Yosemite-MacBook-Hero

必要なもの

インストールディスクを作成するのに必要なものは以下の通り、

・8GB以上のUSBメモリ(またはSDカードなど)
・Install OS X Yosemite Beta.app

・インストールディスク作成用のMac(Mavericks)


OS-X-Yosemite-Install-Disk-img1

作成方法

 ”createinstallmedia”ツールはOS X 10.9 Mavericksから搭載されたApple公式のOS X インストールディスク作成ツールb.hatenaでターミナルコマンド1行でインストールディスクを作成できます。

1.まずインストールディスク用のUSBメモリを接続し、ディスクユーティリティ.appを起動してUSBメモリをフォーマットしておきます。(名前は「Untitled」としておいてください)


Yosemite-Install-Disk-Disk-Utility

2.ターミナルを起動して以下の”createinstallmedia”コマンドを実行。


Yosemite-Install-Disk-createinstallmedia-Terminal

sudo /Applications/Install\ OS\ X\ Yosemite\ Beta.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/Untitled --applicationpath /Applications/Install\ OS\ X\ Yosemite\ Beta.app --nointeraction

注1:Untitled以外の名前にした場合はUntitledの箇所を変更してください
注2:”Install OS X Yosemite Beta.app”はアプリケーションフォルダにあるものとします

3.途中、管理者パスワードを入力し数十分待てばインストールディスクが作成されます。


Yosemite-Install-Disk-createinstallmedia-Terminal-Done

4.インストールディスク作成プロセス終了後、作成されたインストールディスクは「Install OS X Yosemite Beta」という名前で、ディスク容量は5.13GBになっているはずです。


Yosemite-Install-Disk-Disk-Utility-Check

5.後はOptionキーを押しながら起動するか、システム環境設定.appの[起動ディスク]から「Install OS X Yosemite Beta OS X 10.10」を選択して[再起動…]を押せばインストールディスクが起動します。


Yosemite-Install-Disk-Boot-Disk