MagSafe対応デバイスと互換性があり最大15Wの高速ワイヤレス充電が可能な「Qi2」に対応したAnkerやBelkinのワイヤレス充電器がQi認証を取得。

Belkin Qi2 Wireless Power Consortium certified Belkin
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 MagSafe対応デバイスと互換性があり最大15Wの高速充電が可能な「Qi2」に対応しBelkinのワイヤレス充電スタンドなどがQi認証を取得しています。詳細は以下から。

Qi2

 米Belkinは2023年08月、AppleのMagSafeをベースにWPCによって業界標準として開発されたMPP(Magnetic Power Profile)を利用し最大15Wの高速ワイヤレス充電が可能な「Qi2」対応のワイヤレス充電スタンドやパッドを独ベルリンで開催されたIFA 2023に合わせて発表し、

Belkin Qi2 wireless charging

BelkinのQi2対応充電器

一部は年内に注文が可能になるとされていたので探していたところ、Belkinが08月に発表したQi2対応製品が12月07日から22日にかけてWireless Power ConsortiumのデータベースにQi認証を取得したと掲載されていました。

Belkin Qi2 Wireless Power Consortium certified

BelkinのQi2対応製品

 今月に入りQi認証を取得したBelkinの製品は上記の4製品で、今年中に注文が可能になると発表されていたBoostCharge Pro 3-in-1 Wireless Charging Pad with Qi2に関しては製品ページも公開されているので、来年の早いうちにMagSafe製品より安価でiPhone以外にも対応するQi2対応製品が複数発売されると思われます。

Belkin BoostCharge Pro Qi2 15W 3-in-1 磁気ワイヤレス充電パッド – Belkin

MagSafeとQi2の違い
MagSafeとQi2は、磁気を利用して充電器をスマートフォンにワイヤレス接続するための安全で電力効率の良い方法であり、どちらも標準のQiより高速な充電を実現します。現在、Qi2はMagSafeと同じ15Wの高速充電に対応しますが、WPCは将来的にさらに高速な充電速度とより高いワット数に対応する計画です。MagSafeとQi2の最も大きな違いは、Qi2が業界標準としてすべてのデバイスメーカーで利用できるのに対し、MagSafeはApple デバイスに固有であることです。Qi2は、広範におよぶさまざまなスマートフォンブランドやオペレーティングシステムで利用可能です。

Belkin BoostCharge Pro Qi2 15W 3-in-1 磁気ワイヤレス充電パッド – Belkin

Anker

 Ankerも今年08月にQi2対応の充電器やアクセサリーを発表していましたが、こちらもAnker MagGo Wireless Charging Station (Foldable 3-in-1) (A2557)」がQi認証を取得しています。

Anker MagGo Wireless Charging Station (Foldable 3-in-1)

Wireless Power Consortiumで公開された画像(右)では、中央のロゴがQi2に変更されています。

おまけ

 ちなみに、Appleは今年12月にリリースしたiOS 17.2 (21C62)」アップデートで、iPhone 13とiPhone 14シリーズの全てのモデルをQi2充電器に対応させています。

iOS 17.2でQi2に対応

iPhone 13とiPhone 14のすべてのモデルでQi2充電器に対応

コメント

タイトルとURLをコピーしました