Logitech、マクロ登録機能Smart Actionsが利用可能なMX Anywhere 3SマウスとMX Keys Sキーボードをサポートした「Logi Options+ v1.42」をリリース。

Logi Options plus v1.42 support MX Anywhere 3S Logitech/Logicool
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 Logitechがマクロのように複数のタスクをワンクリックで実行できるSmart Actions機能が利用可能なMX Anywhere 3SマウスやMX Keys Sをサポートした「Logi Options+ v1.42」をリリースしています。詳細は以下から。

Logi Options Plus

 スイスLogitech(日本ではロジクール)は現地時間2023年05月31日、06月08日に発売予定のフラグシップモデルのマウス「MX Anywhere 3S」およびキーボード「MX Keys S」などをサポートし、複数のタスクを1回のキーストロークで自動化することができる新機能「Smart Actions」を実装したユーティリティ「Logi Options+ v1.42」をリリースしています。

Logi Options plus v1.42 support MX Anywhere 3S

Logi Options+アプリのSmart Actionsは、ロジクールの新機能です。複数のタスクを1回のキーストロークで自動化することで、反復的な操作をスキップできるため、ワークフローを合理化できます。これはマクロ機能に似ています。一般的なタスクを自動化する、カスタマイズ可能なSmart Actionsが装備されているため、作業を減らすことができます。

リリースノートより抜粋

 Logi Options+ v1.42でサポートされたMX Anywhere 3S(MX1800)は、前モデルのMX Anywhere 3(MX1700)と比較してクリック音がさらに静音化され、Darkfieldセンサーの解像度が2倍の8,000dpiへアップデートされており、

MX Keys S(KX800s)は前モデルのMX Keys(KX800)と同じく、指先の形状にあった球状にくぼんだバックライト付きキーを採用していますが、新たに絵文字、ミュートキーを搭載し、MX Anywhereh 3SとKeys S共に反復するアプリやMac/PCの操作をマクロのように登録し1ボタンで実行できるSmart Actions機能に対応しています。

 Logi Options+ v1.42では、MX Anywhere 3S/Keys Sの他に、K865キーボードとK800(Windowsのみ)キーボードがサポートされ、不具合が修正されているので、ユーザーの方はアップデートしてみてください。

Logi Options+ v1.42リリースノート

本リリースには、以下のサポートが含まれています。

新しいデバイス

  • MX Anywhere 3S
  • MX Keys S
  • K865
  • K800 [Windows only]

新機能

Logi Options+アプリのSmart Actionsは、ロジクールの新機能です。複数のタスクを1回のキーストロークで自動化することで、反復的な操作をスキップできるため、ワークフローを合理化できます。これはマクロ機能に似ています。一般的なタスクを自動化する、カスタマイズ可能なSmart Actionsが装備されているため、作業を減らすことができます。

修正点

  • ランダムなクラッシュとハングアップの修正。
MX Anywhere 3SとKeys SはAmazon.co.jpでは約10%OFF、公式ストアではキャリングケースの無料プレゼントキャンペーンが開始されています。

コメント

  1. 匿名 より:

    K865なんてキーボード発売されてましたっけ。K855のテンキーあり版っぽいけど、間違ってリークしちゃったんですかね。もし発売されたら、ちょうど欲しかったやつなので嬉しい。

タイトルとURLをコピーしました