Google、macOS 10.15.6 Catalina/Windows 7以前のサポートを終了した「Google Drive for desktop v69.0」をリリース。

スポンサーリンク

 GoogleがmacOS 10.15.6 Catalina/Windows 7以前のMac/PCのサポートを終了した「Google Drive for desktop v69.0」をリリースしています。詳細は以下から。

Google Drive for desktop

 Googleは現地時間2023年01月09日、Google Drive用クライアント「Google Drive for desktop v69.0」をリリースするとともに、昨年末から案内していたとおり同バージョンで、macOS 10.15.6 CatalinaおよびWindows 7以前のMac/PCのサポートを終了したと発表しています。

Important: With this release, Drive for desktop has ended support for Windows 7 and macOS versions earlier than 10.15.7. To continue getting support and updates for Drive for desktop:

Important: With this release, Drive for desktop has ended support for Windows 7 and macOS versions earlier than 10.15.7. To continue getting support and updates for Drive for desktop:

リリースノートより抜粋

 Googleは今後もGoogle Drive desktopを利用したい場合は、MacおよびPCをmacOS 10.15.7 Catalina*またはWindows 8以降へアップグレードすることを勧めており、加えてGoogle Workspaceではクライアントサイド暗号化をサポートし、Google Drive for desktopのローカルフォルダを暗号化してアップロードできることが可能になっているそうなので、Workspaceユーザーの方はチェックしてみてください。

macOS 10.15.7 CatalinaへGoogle Driveをインストール

Google Drive v69.0は2022年07月までセキュリティサポートが続いていたmacOS 10.15.7 Catalinaへは引き続きインストール可能で、アップデートのロールアウトは数日掛けて行われます。

Google Drive v69.0のリリースノート

January 9, 2023 – Client-side encryption improvements
Windows and macOS: Version 69.0

  • Users can now use Google Workspace Client-side encryption to encrypt and upload local folders with Drive for desktop.
  • Improved error notifications
  • Additional bug fixes and performance improvements 

Important: With this release, Drive for desktop has ended support for Windows 7 and macOS versions earlier than 10.15.7. To continue getting support and updates for Drive for desktop:

  • Windows users need to upgrade to Windows 8 or later
  • macOS users need to upgrade to macOS 10.15.7 or later