GitHub、2022年12月15日のアーカイブ化を前に最後のアップデートとなる「Atom v1.63.0」をリリース。

スポンサーリンク

 GitHubが2022年12月15日のアーカイブ化を前に最後のアップデートとなる「Atom v1.63.0」をリリースしています。詳細は以下から。

Atomエディタのアイコン

 Atomエディタは、GitHubが2008年にサイドプロジェクトとして開発を開始したオープンソースのエディタアプリで、Electronを採用しMac, Windows, Linuxのクロスプラットフォームで利用できたことから、2015年06月のAtom v1.0正式リリースまでに130万ダウンロードされ、2090個の拡張パッケージと660種類のテーマがユーザーによって開発されていましたが、

Atom v1.0がリリース

Atom v1.0

GitHubは現地時間2022年11月18日、このAtomエディタを12月15日でアーカイブ化するのを前に最後のアップデートとなる「Atom v1.63.0」アップデートをリリースしたと発表しています。

Atom last release Nov 19 2022

This is the last release of Atom. We will be archiving Atom and all repositories under the Atom organization on December 15, 2022.

リリースノートより抜粋

 GitHubはAtomエディタ開発終了の理由について、Microsoft VSCodeとGitHub Codespacesによるクラウドでの高速で信頼性の高いソフトウェア開発に集中するためだとコメントしており、12月15日のアーカイブ後はAtomパッケージマネージャが機能しなくなり、セキュリティ更新もなくなるそうですが、

Sunsetting Atom GitHub Blog

While that goal of growing the software creator community remains, we’ve decided to retire Atom in order to further our commitment to bringing fast and reliable software development to the cloud via Microsoft Visual Studio Code and GitHub Codespaces.

Sunsetting Atom – GitHub Blog

今回のAtom v1.63.0アップデートではAtom Coreやgithub、php、rubyなどにアップデートが入っているので、もう少しAtomを利用したい方はアップデートをチェックしてみてください。