Microsoft、「Microsoft 365/Office for Mac v16.67」アップデートを公開。macOS 13 Venturaのリリースに伴いmacOS 10.15 Catalinaのサポートは終了。

スポンサーリンク

 Microsoftが「Microsoft 365/Office for Mac v16.67」アップデートを公開しています。詳細は以下から。

Microsoft Office

 Microsoftは現地時間2022年11月15日、WordやExcel、PowerPoint、Outlookなどを含んだ同社のオフィススイートMicrosoft 365やOffice 2019、Office 2021 for Macの最新バージョンとなるv16.62 (Build 22111300)をリリースし、2件の脆弱性を修正するとともに、09月に発表していたとおり、同バージョンからシステム要件をmacOS 11 Big Sur以降に引き上げています。

Microsoft 365 Version 16.67 (Build 22111300)

Starting with the forthcoming November 2022 update (16.67) macOS Big Sur 11 or later is required receive updates to Word, Excel, PowerPoint, Outlook and OneNote.[…]The forthcoming October 2022 update (16.66) will be the last build to support macOS Catalina 10.15.

Upgrade macOS to continue receiving Microsoft 365 and Office for Mac updates – Microsoft

 Microsoftは2018年からOffice for Macに関して、Appleが最新のmacOSをリリースした場合、その最新のmacOSとセキュリティアップデートの配布が継続されている2つ前までのmacOSをサポートすると発表しているため、今回も同様にシステム要件が更新されていますが、

Microsoft Office 365でmacOS 10.15 Catalinaのサポートが終了

サポートが終了したmacOS 10.15 Catalinaでは、Microsoft 365やOffice for Macの新機能はもちろんセキュリティアップデートも受け取れなくなり、新規インストールも不可能となっているので、

Upgrading your operating system to macOS Big Sur 11 or later will allow Office updates to be delivered for your apps. Note that new installs of Microsoft 365 for Mac also requires macOS Big Sur 11 or later.

Upgrade macOS to continue receiving Microsoft 365 and Office for Mac updates – Microsoft

MicrosoftはmacOS 10.15 Catalinaユーザーに対し、今後もMicrosoft 365やOffice for Macの新機能やセキュリティアップデートを受け取りたい場合はBig Sur以降にアップデートすることを勧めています。