macOS 13 VenturaではmacOS 10.15 Catalinaと同じくカスタムアイコンを使用するアプリをデフォルトアプリに設定するとアイコンが表示されなくなる不具合が確認されているので注意を。

スポンサーリンク

 macOS 13 VenturaではmacOS 10.15 Catalinaと同じくカスタムアイコンを使用するアプリをデフォルトアプリに設定するとアイコンが表示されなくなる不具合が確認されています。詳細は以下から。

IINA for Mac v1.1

 Appleは2022年10月、ステージマネージャやSpotlightの強化、システム環境設定をSwiftUIで刷新したmacOS 13 Venturaを正式にリリースしましたが、IINAやKekaなどのオープンソースプロジェクトによると、このVenturaではカスタムアイコンがレンダリングされない不具合が確認されています。

.movや.m4vのデフォルトアプリをIINAに変更するとカスタムアイコンが表示される

.movや.m4vのデフォルトアプリをIINAに変更するとカスタムアイコンが表示される

 macOSではファイルを開くデフォルトアプリを変更し、そのデフォルトアプリが特定の拡張子に対してカスタムアイコンを用意しておくと、FinderやDock、Spotlight検索などにカスタムアイコンが反映されますが、macOS 13.0.x VenturaではDockやタイトルバーなど特定のエリアで、このカスタムアイコンがレンダリングされない不具合が確認されているそうです。

macOS 13 Venturaで表示されなくなったカスタムアイコン

macOS 13 Venturaで表示されなくなったカスタムアイコン

 この不具合はIINAやKekaだけでなくカスタムアイコン(NSWorkspace iconForFile API)を使用する全てのアプリに影響しますが、Appleはカスタムアイコンを重要視していないのか、同様の不具合は2019年にリリースされたmacOS 10.15 Catalinaでも発生しており、

その際にはCatalinaでは修正されず、翌年にリリースされたmacOS 11 Big Surまでカスタムアイコンが表示されなかったので、Kekaを開発しているaONeさんはAppleにバグレポートを送ったものの、今回の不具合もmacOS 14以降になるかもしれないとコメントしています。

Icon issue on macOS 1015 Catalina

👉 This seems will never be fixed in Catalina. Big Sur has this fixed anyway.

Icon issue on macOS 10.15 Catalina #453 – GitHub