Apple、macOS 13 Venturaでセキュリティアプリのフルディスクアクセス権が有効にならない不具合を「macOS 13.0.1」アップデートで修正。

スポンサーリンク

 AppleがmacOS 13 Venturaでサードパーティ製セキュリティアプリのフルディスクアクセス権が有効にならない不具合を「macOS 13.0.1」アップデートで修正したそうです。詳細は以下から。

Microsoft Defender for Endpoint on Mac

 Appleは日本時間2022年10月25日、macOS 13.0 Ventura Build 22A380を正式にリリースしましたが、この初期リリースであるmacOS 13.0ではEndpoint Securityフレームワークを利用したサードパーティ製のセキュリティアプリで、移行時にユーザーデータが正確に移行されず、システム設定アプリでフルディスクアクセス(FDA)権が与えられているように見えるにも関わらず、

macOS 13 Venturaでフルディスクアクセス権があるように見えるセキュリティアプリ(実際にはない)

macOS 13 Venturaでフルディスクアクセス権があるように見えるセキュリティアプリ(実際にはない)

FDA権が得られずにセキュリティアプリの一部機能が利用できなかったり、FDAを有効にするように促すポップアップが繰り返し表示されるという不具合が発生し、Appleもこれを認め、今後のアップデートで修正するとコメントしていましたが、

FDAを求めるポップアップ

FDAを求めるポップアップ

Appleはこの不具合を現地時間2022年11月09日にリリースしたmacOS 13.0のHotfixとなるmacOS 13.0.1 Build 22A400で修正したそうです。

macOS 13.0.1 Ventura Build 22A400

macOS 13.0.1 Ventura Build 22A400

スポンサーリンク

macOS 13.0.1で修正された不具合

 この不具合を発見し、Appleに報告していたセキュリティ研究者のMikeyさんやMario Zelgerさんによると、Appleはリリースノートには記載していないものの、この不具合をmacOS 13.0.1で修正したようで、macOS 12.x以下からmacOS 13.0.1へアップグレードした場合、正確にFDA権の移行が行われるようになっているそうです。

 ただ、この不具合はmacOS 12.x以下から既にmacOS 13.0.0へアップグレードした場合には残っているため、お使いのエンドポイントセキュリティアプリでリアルタムスキャンなどの一部機能が利用できない、FDAを有効にするように求めるポップアップが繰り返し表示される場合は、以下、各社のサポートページを参考に対処してみてください。

おまけ

 また、AppleはmacOS 13.0.1で、同じくEndpoint Security(ES)フレームワークを利用したセキュリティアプリに、本来必要のない入力監視や画面収録などの許可が与えられていた不具合も修正したようです。

macOS 13 Venturaのパーミッション不具合

各セキュリティアプリのサポートまとめ

  • macOS 13 Venturaの新機能まとめ (準備中)