Apple、macOS 13 VenturaのプレビューアプリでPostScript(.ps/.eps)ファイルのサポートを終了。

スポンサーリンク

 AppleはmacOS 13 VenturaのプレビューアプリでPostScript(.ps/.eps)ファイルのサポートを終了したと発表しています。詳細は以下から。

Preview.app PostScript icon

 Appleが日本時間2022年10月25日にリリースしたmacOS 13 Venturaでは、macOSデフォルトのイメージ/PDFビュワー「プレビュー」アプリがアップデートされ、PDFのフォーム入力ツールが追加されていますが、

macOS 13 Venturaのプレビューアプリで入力フォームを表示

Appleによると、このmacOS 13 Venturaのプレビューアプリでは、Adobeが開発した印刷用のページ記述言語「PostScript(.ps)」「Encapsulated PostScript(.eps)」ファイルのサポートを終了したそうです。

AppleのプレビューアプリでPostScriptファイルのサポートが終了

Starting with macOS Ventura, Preview no longer supports these files. Other apps that can view or convert .ps and .eps files are available from the App Store and elsewhere.

View .ps and .eps files on Mac – Apple

 確認したところ、macOS 12 MontereyまでのプレビューアプリはPSとEPSファイルに関連付けされデフォルトアプリ*となっていますが、macOS 12 Monterey以降では関連付けが外され、PS/EPSファイルを開くことが出来ません。

macOS 12 MontereyとmacOS 13 VenturaのPostScriptファイルの関連付け

macOS 12 MontereyとmacOS 13 VenturaのPostScriptファイルの関連付け

*macOS 12 Monterey以前のプレビューアプリでPSまたはEPSファイルを開くと、自動的にPDFに変換されます。

 macOS 13 VenturaではプレビューアプリでPS/EPSファイルが開けなくなりましたが、Appleによると、Venturaではシステム設定アプリの[プリンターとスキャナ] → [プリンタ名] → [プリンターキュー]からプリンターキューウィンドウを開き、

macOS 13 VenturaでPS/EPSファイルを印刷する方法

PS/EPSファイルをドラッグ&ドロップすると、引き続きPS/EPSファイルを印刷できるようになっているので、LaTeXなどを利用される方はチェックしてみてください。

スポンサーリンク

おまけ

 また、AppleはmacOS 13 VenturaのプレビューアプリでPostScript(.ps)とEncapsulated PostScript(.eps)のサポートを終了した理由について特にコメントしていませんが、セキュリティ関係者らはAppleが2022年にPostScriptやPDFに関する脆弱性を複数修正し、

Microsoftも2018年にセキュリティ上の理由からOfficeでEPSファイルのドキュメント挿入機能を無効化している事から、Appleもセキュリティリスクを避けたのではないかと予想されているようです。

Support for EPS images has been turned off in Office

  • macOS 13 Venturaの新機能まとめ (準備中)

コメント

  1. 匿名 より:

    クイックルックで見ることはできるのかな?
    もしクイックルックでも見れなくなるのならきつい。