Apple、macOS 13 VenturaとiPadOS 16を日本時間2022年10月25日に正式リリースすると発表。

スポンサーリンク

 AppleがmacOS 13 VenturaとiPadOS 16を日本時間2022年10月25日にリリースすると発表しています。詳細は以下から。

macOS 13 Ventura

 Appleは現地時間2022年10月18日、新たに10.9インチLiquid RetinaディスプレイやA14 Bionic、トップボタン内蔵型のTouch IDを搭載し再デザインされた「iPad」と、Apple M2チップを搭載した「iPad Pro」を発表しましたが、合わせて、これらのiPadに搭載されているiPadOS 16とmacOS 13 Venturaのリリース日を公開しています。

10.6インチiPadとiPad Pro

iPadのために設計されたパワフルなオペレーティングシステムであるiPadOS 16は10月25日(火)から利用でき、新しいiPadに無料で出荷時から搭載されています。iPadOS 16は、iPad(第5世代以降)、iPad mini(第5世代以降)、iPad Air(第3世代以降)、すべてのiPad Proモデル向けに、無料のソフトウェアアップデートとして提供されます。

Apple、4つの鮮やかなカラーで完全に再設計されたiPadを発表 – Apple

 Appleによると、最新のiPadにはiPadOS 16(初期リリースでiPadOS 16.1になるもよう)がプリインストールされており、他のMacやiPadにはmacOS 13 VenturaとiPadOS 16が現地時間10月24日(日本時間10月25日火曜日)から無料のソフトウェアアップデートで提供されるそうですが、

macOS 13 Ventura available on Oct 25 2022

macOSに関しては、Apple Silicon Macの販売が開始された2022年からのメジャーアップグレード(macOS 11 Big SurmacOS 12 Monterey)で、一部のMacが文鎮化する問題が確認され、

If you can’t install macOS Big Sur on certain 13-inch MacBook Pro computers from 2013 and 2014

macOS 11 Big Surの文鎮化問題に対するサポート

AppleはmacOSの公開を一時停止したり、Hotfixをリリースしているので、直ぐにアップグレードしたい方は、Time Machineでのデータのバックアップと、Apple T2やApple Silicon Macを復旧できるもう一台のMacを用意しておくことをおすすめします。

macOS 12 Montereyの文鎮化問題

macOS 12 Montereyの文鎮化問題に対する声明