米Anker、充電用のUSB-Cポートを側面に移動しスタンド状態でも充電可能な「Anker 622 Magnetic Battery (MagGo)」を発売。

スポンサーリンク

 米Ankerが充電用のUSB-Cポートを側面に移動した「Anker 622 Magnetic Battery (MagGo)」を発売しています。詳細は以下から。

Anker 622 Magnetic Battery MagGo A1614 Lilac Purple

 Ankerは2021年より、AppleがiPhone 12シリーズから採用しているMagSafe for iPhoneのマグネットを利用し、iPhoneにピッタリと装着できるモバイルバッテリーや充電器MagGo」シリーズを発売していますが、その第1段として発売された「Anker 622 Magnetic Battery (MagGo) (A1611)」のアップデート版がAmazon.comで発売されています。

Anker 622 Magnetic Battery MagGo A1614

 2021年にMagGoシリーズの第1段として発売されたAnker 622 Magnetic Battery (A1611)は、同じくMagSafe for iPhoneのマグネットを利用したAnker PowerCore Magnetic 5000の後継モデルにあたるモバイルバッテリーで、PowerCore Magnetic 5000と同じバッテリー容量ながら約20%の薄型化され、

Anker 62 Magnetic Batteryの製品仕様

Anker 62 Magnetic Battery (MagGo) (A1611)の製品仕様

折りたたみ式スタンドが搭載されたものの、充電/給電用のUSB-Cポートが底面に配置されていたことで、iPhoneを立てかけられるスタンド状態にするとバッテリーが充電できないという欠点がありました。

Anker 622 Magnetic Battery (MagGo) (A1611)のUSB-Cポート

Anker 622 Magnetic Battery (MagGo) (A1611)のUSB-Cポート

 これに対し、Ankerは2022年05月に発売したAnker 633 Magnetic Battery (MagGo) (A1641)」で充電/給電用のUSB-Cポートを側面に移動し、スタンド状態でもモバイルバッテリー本体を充電出来るように改良しましたが、

Anker 633 Magnetic Batteryの製品仕様

Anker 633 Magnetic Battery (A1641)の製品仕様

新たに発売された「Anker 622 Magnetic Battery (MagGo) (A1614)」もUSB-Cポートが側面に移され、iPhoneを装着したスタンド状態でもモバイルバッテリー本体が充電できるようになっているので、Anker 622 Magnetic Battery (MagGo)の購入を検討されている方は、後継モデルの発売を待ったほうがいいかもしれません。

Anker 622 Magnetic Battery MagGoの旧(A1611)モデルと新(A1614)モデル

Anker 622 Magnetic Battery MagGoの旧(A1611)モデルと新(A1614)モデル

スポンサーリンク

追記

 Anker JapanもUSB-Cポートを側面に移動し、本体充電中でもスタンド利用&パススルー充電を可能にしたAnker 622 Magnetic Battery (MagGo) アップグレード版」の販売を開始しています。

Anker 622 Magnetic Battery (MagGo) A1614アップグレード版