iOS 16ではアプリでコピーした内容を別のアプリにペーストする際にユーザーの許可が必要に。

スポンサーリンク

 iOS 16ではアプリでコピーした内容を別のアプリがアクセス&ペーストしようとするとユーザーの許可が必要になり、この警告が毎回表示される不具合も確認されています。詳細は以下から。

iOS 16

 Appleは2020年09月にリリースしたiOS 14/iPadOS 14で、あるアプリでペーストボード(クリップボード)にテキストや画像をコピーし、他のアプリでその画像やテキストをペーストしようとすると、その都度iPhoneのトップに「Hogeアプリから”Fugaアプリ”へペースト」というバナー警告を表示し、

iOS 14のクリップボード監視

iOS 14/15でもペーストボードへアクセスする際にユーザー許可が必要な場合があります。

ユーザーのデータを集めるサードパーティ製アプリが確認できるようになっていますが、現地時間2022年09月12日にリリースされたiOS 16では、このバナー警告が見直され、アプリがペーストボードへアクセスする際にユーザーに使用許可を求めるアラートを表示するようになっています。

 iOS 16で表示されるペーストアラートは、バナー表示と同じく、どのアプリからどのアプリへのペーストされるかを表示し、各アプリで初回のみユーザー許可を求めるようになっているようですが、

iOS 16ではクリップボード/ペーストボードへアクセスするアプリにアラートを表示

一部のアプリでは、このペーストを許可するアラートが、旧バナー表示のようにアクセスするたびに表示されるようになっているそうなので、この不具合に遭われた方はアプリかApple側が問題を修正するまで、その都度許可ボタンを押し続けなければならないようです。

スポンサーリンク

おまけ

 WWDC22のWhat’s new in UIKitによると、iOS 16/iPadOS 16で新たに導入したUIPasteControlを利用して、アプリがペーストボードの内容をペーストすることを明示すると、このアラートが表示されないそうです。

UIPasteControl

  • iOS 16の新機能まとめ (準備中)