iOS 16では、カメラとマイクに加え、位置情報を使用したアプリもコントロールセンターに表示されるように。

スポンサーリンク

 iOS 16では、カメラとマイクに加え、位置情報を使用したアプリもコントロールセンターに表示されるようになるそうです。詳細は以下から。

iOS 16

 Appleは2020年09月にリリースした「iOS 14/iPadOS 14」で、ユーザープライバシー機能の強化の一環として、アプリがiPhone/iPadのカメラやマイクにアクセスすると、緑/オレンジのインジケータを表示し、そのアプリ名をコントロールセンターに表示するようになっていますが、

iOS 14で追加されたマイクとカメラインジケータ

iOS 14で追加されたマイクとカメラインジケータ

WWDC22のセッション「What’s new in privacy」によると、今年の秋にもリリースが予定されているiOS 16/iPadOS 16では、地図アプリなど位置情報を使用したアプリの情報もコントロールセンターに表示されるようになっているそうです。

iOS 16 location indicator

In iOS 16, swiping down from the Control Center indicates which app is using location. Make sure that your app only uses location when expected to avoid surprising people.

What’s new in privacy – Apple Developer

 iOSでは既に位置情報を使用するアプリが起動すると、ステータスアイコンが表示されるようになっていますが、iOS 16/iPadOS 16では、ステータスアイコンに加え、コントロールセンターに位置情報を使用しているアプリ名が表示され、

コントロールセンターに表示されるアプリ名をタップすると、最近カメラやマイク、位置情報にアクセスしたアプリのリストを表示できるようになっているので、Appleは開発者に対し、不要な位置情報の使用でユーザーを驚かせないようコメントしています。