macOS 13 VenturaまでのmacOSで開発が終了したApertureやiPhoto、iTunesを起動することができる「Retroactive 2.0」がリリース。

スポンサーリンク

 macOS 13 VenturaまでのmacOSで開発/サポートが終了したApertureやiPhoto、iTunesを起動することができる「Retroactive 2.0」がリリースされています。詳細は以下から。

 Retroactive for Mac run iTunes on macOS 13 Ventura

 Retroactiveは米ノースダコタ州のTyshawn Cormierさんが2019年からオープンソースで開発しているアプリケーションパッチで、Appleが2014年に開発を終了したプロ向け写真編集アプリ「Aperture」や写真/ミュージックアプリの登場によりなくなった「iPhoto」、「iTunes」などを最新のmacOSでも起動できるようにしてくれる機能がありますが、

App Patcher Retroactive 2.0 support macOS 13 Ventura and macOS 12 Monterey

Retroactive lets you run Aperture, iPhoto, and iTunes on macOS Ventura, macOS Monterey, macOS Big Sur, and macOS Catalina. Xcode 11.7 on macOS Mojave. Final Cut Pro 7, Logic Pro 9, and iWork ’09 on macOS Mojave or macOS High Sierra.

リリースノートより抜粋

このRetroactiveが最新の「Retroactive 2.0」アップデートで、macOS 13 VenturaとmacOS 12 Montereyに対応し、レガシィなiPhotoやiTunesを最新のmacOSで起動できるようになっています。

iTunes 12.9.5 run on macOS 12 Monterey

Retroactive 2.0

 Retroactive 2.0では、macOS 12.3 Monterey以降でiPhotoが予期せず終了する不具合や、macOS 13 VenturaでiTunesのフルディスクアクセスが利用できない問題が修正された他、Apple Silicon MacにiTunes 12.9.5をインストールする際のチュートリアルが追加されています。

How to install iTunes on Apple Silicon Mac

Apple Silicon Macで利用するにはSIP(通称rootless)をOFFにする必要があります。
https://cormiertyshawn895.github.io/instruction/?arch=sip-itunes-as-lowering

 RetroactiveはApertureやiPhoto, iTunes以外にも、macOS 10.14 MojaveでXcode 11.7、macOS 10.14 MojaveまたはmacOS 10.13 High SierraでFinal Cut Pro 7, Logic Pro 9, iWork ’09の起動に対応しており、

Retroactive v1.8

チュートリアル通りに進めれば、クラシックUIのiTunes 11やカバーフローをサポートしているiTunes 10.7の利用も可能なので、興味のある方は試してみてください。

Retroactive 2.0のリリースノート

Retroactive 2.0 improves compatibility with macOS Ventura and macOS Monterey:

  • Resolves a problem where iPhoto quits unexpectedly on macOS Monterey 12.3 or later
  • Fixes an issue where Full Disk Access cannot be enabled for iTunes on macOS Ventura
  • Adds instructions to use iTunes 12.9.5 on Mac computers with Apple Silicon