macOS 12 Montereyでアクセスしにくくなったディスプレイ・キャリブレーションアプリの起動ボタンを追加した「OnyX 4.2.3 for Monterey」がリリース。

スポンサーリンク

 macOS 12 Montereyでアクセスしにくくなったディスプレイ・キャリブレーションアプリの起動ボタンを追加した「OnyX 4.2.3 for Monterey」がリリースされています。詳細は以下から。

 Appleは2021年にリリースしたmacOS 12 Montereyで、1組のキーボードとマウスで最大3台のMacやiPadを操作できる「ユニバーサルコントロール (Universal Control)」機能を導入し、macOSのシステム環境設定にあるディスプレイ設定パネルをアップデートしましたが、

macOS 11 Big SurとmacOS 12 Montereyのディスプレイ設定

macOS 11 Big SurとmacOS 12 Montereyのディスプレイ設定

それに伴い、ディスプレイ設定パネルから、Macに接続されているディスプレイのカラープロファイルや補正(キャリブレーション)などを選択/実行できる[カラー]タブが削除され、補正オプションはカラープロファイルのスクロールの一番下に[カスタマイズ]として配置されたため、macOSのキャリブレーションアプリにアクセスしにくくなっていました。

macOS 12 Montereyのディスプレイプロファイルのカスタマイズ

 これに対し、フランスのTitanium Softwareは現地時間2022年02月18日にリリースした、macOS 12 Monterey用のメンテナンス/多機能ユーティリティ「OnyX for macOS Monterey v4.2.3」アップデートで、新たにmacOSのディスプレイキャリブレーションアプリ(Apple ディスプレイキャリブレータ・アシスタント)を起動するボタンを追加したと発表しています。

OnyX for macOS 12 Monterey

OnyX 4.2.3

  • Added the Display Calibrator application in the Applications pane of the Utilities toolbar item

OnyX – Titanium Software

 OnyXからディスプレイキャリブレーションアプリを起動するには、ユーティリティ → [アプリケーション]にある[ディスプレイキャリブレータ]をクリックするだけで、Option + クリック起動での[詳細モード]起動も可能なので、OnyXユーザーの方はアップデートしてみてください。

おまけ

 ディスプレイキャリブレータアプリは以下のパスからも起動可能で、Apple Pro Display XDRやLiquid Retina XDRディスプレイを搭載したMacBook Proのキャリブレーションには専用のキャリブレータや分光測光器が必要です。

Apple Pro Display XDR の測定とキャリブレーション

/System/Library/ColorSync/Calibrators/Display Calibrator.app

OnyX 4.2.3

  • Uninstaller improved
  • Deleting the junk items improved
  • Added the Display Calibrator application in the Applications pane of the Utilities toolbar item
  • Info pane improved
  • User Guide improved
  • OnyX – Titanium Software