macOS 13 Venturaでは、システム環境設定アプリに加え、Font BookアプリもSwiftUIで書き換えられ新しいデザインに。

スポンサーリンク

 macOS 13 Venturaでは、システム環境設定アプリに加え、Font BookアプリもSwiftUIで書き換えられ新しいデザインになるそうです。詳細は以下から。

フォントブック

 Appleは日本時間2022年06月07日から開催している世界開発者会議(WWDC22)の基調講演の中で、次期Mac OS「macOS 13 Ventura」を発表するとともに、このVenturaではシステム環境設定アプリがiOS/iPadOSの設定アプリに似たデザインになることが伝えられましたが、

macOS 13 Venturaのシステム環境設定

基調講演に続いて開催された「Platforms State of the Union」によると、macOS 13 Venturaの新しいシステム環境設定アプリはSwiftUIを利用して開発され、同じくVenturaでは、Font BookアプリもSwiftUIで完全に書き換えられ、デザインが刷新されるそうです。

macOS 13 Venturaでは新しいフォントブックが同梱

新しいFont BookアプリケーションはSwiftUIで完全に書き換えられました、そして新しいmacOSのシステム設定アプリケーションのモダンで先進的なデザインは SwiftUIを使って作られました

Platforms State of the Unionより

 Font BookアプリはmacOSにインストールされているフォントを管理する事ができるアプリで、2003年にリリースされたMac OS X 10.3 Pantherで初めて導入され、macOS 12 Montereyに同梱されているFont Bookは、ちょうどv10.0ですが、

macOS 12 MontereyのFont Book

/System/Applications/Font Book.app

macOS 13 VenturaではSwiftUIによって書き換えられたv11.0へアップデートされ、サイドバーとプレビューエリアからなるデザインに刷新されるそうなので、Beta版にアクセスできる方はチェックしてみてください。

ちなみに、5 GUIsでチェックしたところ、Font Book v10.0はAppKit/Objective-C製アプリとなっています。