macOS 12.4 Montereyでもスリープ復帰後にStudio DisplayやThunderbolt/USBハブに接続されたデバイスが認識されなくなる不具合は継続中。

スポンサーリンク

 macOS 12.4 Montereyでもスリープ復帰後にStudio DisplayやThunderbolt/USBハブに接続されたデバイスが認識されなくなる不具合は継続し確認されているそうです。詳細は以下から。

macOS 12 Monterey logo icon

 Appleが2021年10月にリリースした「macOS 12 Monterey」では、Macをスリープ状態から復帰させると、AppleのStudio Displayが認識されなくなったり、Thunderbolt/USBハブに接続されたThunderbolt SSDやUSBデバイスが外れてしまう不具合*が確認され、

Studio Displayのsleep/wake問題

特にApple M1チップを搭載したMacで多く確認されているそうです。

CalDigitなどのサードパーティメーカーはサポートページを公開[1, 2]していますが、この不具合は2022年05月16日にリリースされたmacOS 12.4 Montereyでも修正されていないそうです。

 AppleのDeveloper ForumsやSupport Communitiesによると、macOS 12.4 MontereyでもOWCやCalDigitに接続された外付けドライブなどのUSBデバイスがイジェクトされ続けているそうで、

この不具合が発生する場合は、システム環境設定アプリの[バッテリー](デスクトップMacの場合は[省エネルギー]) → [電源アダプタ/電源]で、「✅ ディスプレイがオフとのときにMacを自動でスリープさせない」オプションを有効にして、Macが自動的にスリープに入らないようにするしかないようなので、この不具合に遭われている方は試してみてください。

Prevent your Mac from automatically sleeping when the display off