Corel、Parallels Desktopなど同社製品のロシアでの販売を一時停止。

スポンサーリンク

 CorelがParallels Desktopなど同社製品のロシアでの販売を一時停止すると発表しています。詳細は以下から。

Corel Corporation

 カナダのソフトウェ会社Corel Corporationは現地時間2022年03月14日、ロシアのウクライナ侵攻を受け、同社のロシアでの事業を停止し、同社が開発するCorelDRAWやWinZip、MindManagerなどのソフトウェアのロシアとベラルーシでの販売を一時停止したと発表しました。

Corels statment on the conflict in Ukraine

We have already paused all sales into Russia and Belarus and will continue to comply with new sanctions that arise. Corel has business continuity plans in place to help minimize disruption to our customers outside of these regions.

Welcome to Corel’s Newsroom – Corel

 これに対し、2018年にCorelに買収された米ワシントンのParallels International GmbH.も、ロシアでの事業の停止と、ロシアとベラルーシでMac用・仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop」および「Parallels Toolbox/Access」の販売を一時的に停止したと発表し、同社の社員によるウクライナへの寄付金と同額を赤十字を通じて寄付するとコメントしています。

Our statement on the conflict in Ukraine

In response to the ongoing crisis, we have made the decision to suspend operations in Russia. We have already paused all sales into Russia and Belarus and will continue to comply with new sanctions that arise. Corel/Parallels has business continuity plans in place to help minimize disruption to our customers outside of these regions.

Our statement on the conflict in Ukraine – Parallels

スポンサーリンク

おまけ

 ちなみに、先日、ウクライナのMacPawがロシアやベラルーシ・ベースの企業が開発したアプリを検出できるアプリSpyBusterをリリースし、このアプリを起動すると、ロシアベースのSNS/メッセージアプリであるVK MessengerやTelegramと一緒に、Parallels Desktopもロシア製であるとリストアップされますが、

Parallelsはロシアを含め、アメリカやドイツ、イギリス、スイス、日本、中国など14ヶ国にオフィスがあるため、SpyBusterの初期リリースではそれが誤って表示されていたそうで、現在は「ロシアにもオフィスがある」という表記に修正されています。

Parallels Has an office in Russia

Parallels Has an office in Russia