macOS 12 Montereyでスリープ復帰後にMagic Mouseのスクロールが利用できなくなる不具合。

スポンサーリンク

 macOS 12 Montereyでスリープ復帰後にMagic Mouseのスクロールが利用できなくなる不具合があるようです。詳細は以下から。


 Appleが日本時間2021年10月26日にリリースしたmacOS 12 Montereyでは、多機能USBハブが動作しなくなったり、Apple T2チップ搭載のMacが起動不可能になる不具合(修正済み)が報告されていますが、同じくMontereyにはMacがスリープから復帰した後にAppleの「Magic Mouse」のスクロールが利用できなくなる不具合があるようです。

Magic MouseとmacOS 12 Monterey

I have a 2020 M1 MacBook Pro and since upgrading when I return to my Mac after taking a break, when I wake the laptop using the mouse, I notice that I cannot scroll with the mouse (Apple Magic Mouse) unless I turn the mouse off and on again.

macOS Monterey 12.0.1 & Magic Mouse / Calendar Issues – Apple Community

 AppleのDeveloper Forumsによると、この不具合はBeta 8で一時修正されたもののリリース版(Build 21A558)で再発したようで、試してみたところスリープ復帰後はクリックやズームジェスチャー(タップ)操作は可能なものの、スクロールとスワイプ(横方向のスクロール)が効かなくなっていました。

Magic KeyboardやMagic Trackpadは問題なく利用できます。

 スクロールが効かなくなったMagic Mouseは電源のON/OFFで問題が解決しない場合は、Bluetoothの再ペアリングやMacを再起動が必要で、Apple Support Communitiesでは主にApple M1チップ搭載のMacユーザーが同様の問題を報告しているので、Magic Mouseユーザーの方は注意してください。