Anker Japan、4K@75fps/HDR出力に対応しテレビに接続するだけで様々なコンテンツを視聴できるAndroid TV 10.0搭載の「Nebula 4K Streaming Dongle」を発売。

スポンサーリンク

 Anker Japanが4K/75fpsやHDRに対応しテレビに接続するだけでNetflixなどのコンテンツを視聴できるAndroid TV 10.0搭載の「Nebula 4K Streaming Dongle」を発売しています。詳細は以下から。

Nebula 4K Streaming Dongle

 Anker Japanは現地時間2021年10月06日、スマートプロジェクターやオーディオ/ビジュアル機器を扱う同社のNebulaブランドからAndroid TV 10.0を搭載し、YouTubeやAmazon Prime Video、Netflix、Hulu、Disney+、TVer、Abema TV、DAZNなどの7,000以上のアプリを通して様々なコンテンツを視聴できるドングル「Nebula 4K Streaming Dongle (D0480511)」を新たに発売したと発表しています。

Nebula 4K Streaming Dongle box

 Nebula 4K Streaming DongleはGoogle ChromecastやAmazon Fire TV Stickに代表されるセットトップボックス(STB)デバイスで、ドングルに搭載されているHDMI 2.1ポートは最大H.265 10-bit 4K*2K@75fps/HDR10ビデオとDolby Digital Plusサウンドに対応。

Nebula 4K Streaming Dongle

 本体には出力用のMicro HDMI端子と給電用のMicroUSBポート(5V=1.5A)、ネットワークはMIMO Wi-Fi (2.4GHz/5.0GHz)とBluetooth 5.0、メモリとストレージは2GB RAMと8GB ROMで、Android TV 10.0を搭載しているためGoogleアシスタントとChromecastに対応。

Nebula 4K Streaming Dongle

 パッケージには本体の他に、リモコン(単4形電池×2付属)、USB充電器、Micro USBケーブル、HDMI to mini-HDMIケーブル、クイックスタートガイド、Anker独自の最大24ヶ月保証が付いて、価格は8,980円となっていますが、現在は発売を記念して1,000円OFFの7,980円となっているので、興味のある方はチェックしてみてください。