AMPページを通常のWebページにリダイレクトしてくれるiOS 15のモバイルSafari対応の機能拡張「AMP Shockwave」がリリース。

スポンサーリンク

 AMPページを通常のWebページにリダイレクトしてくれるiOS 15のモバイルSafari対応の機能拡張「AMP Shockwave」がリリースされています。詳細は以下から。

AMP Shockwave

 Googleは2015年からモバイルWebページを高速表示に表示できるようAMP Projectを立ち上げ、オープンソースのHTMLフレームワークAMP(Accelerated Mobile Pages)を公開し、現在も多くのニュースサイトなどがAMPに対応していますが、このAMPページを通常のWebページにリダイレクトしてくれるモバイルSafari対応の機能拡張「AMP Shockwave」が新たにリリースされています。

AMP Shockwave for iOS15 Safari

AMP Shockwave is a Safari extension that redirects AMP pages to normal pages.

‎AMP Shockwave – App Store

 AMP Shockwaveを開発&公開したのは同じくモバイルSafari対応のWebインスペクター機能拡張Web Inspectorを公開しているシンガポールのZhenyi Tanさんで、インストールしてSafari機能拡張を有効&ページへのアクセス許可を与えておけば、AMPページを通常のWebページにリダイレクトしてくれます。

AMP Shockwave

 AMP Shockwaveにはホワイトリスト設定画面などのユーザーインターフェースはないものの、無料で公開されており、40行のcontent.jsだけで構成されているためアプリケーションサイズも700.4 KBと超軽量となっているので、AMPページをみたくない方は試してみてください。

スポンサーリンク

おまけ

 ちなみに、モバイルSafariユーザーにとってAMPサイトは嫌われていたのか、同じくAMPリンクを通常のWebサイトへリダイレクトしてくれるSafari機能拡張Amplosionが有料(2.99ドル)ながらiOS 15/iPadOS 15リリース後数日に渡り、

アメリカのApp Storeの有料ユーティリティアプリ・ランキング1位、有料総合ランキングでも最高9位となっていたそうなので、2.99ドル払ってでもAMPサイトが見たくないユーザーが相当数いたようです。

Amplosion: Redirect AMP Links App Ranking

App Annieより

コメント

  1. 匿名 より:

    AMPは某広告ブロックアプリでもブロック対象になるレベルなので、相当嫌われてるんですね。

  2. 匿名 より:

    AMPのページは機能がスポイルされていたり表示がおかしくなっていたりで結局元ページに飛ぶので不便しかない印象ですね。
    一般の人にとってはなおさら不親切。
    早く廃止してほしいけど、この機能拡張はありがたい。導入します。