iOS 15の新機能「テキスト認識表示(Live Text)」を日本語などの非サポート言語でも利用する方法。

スポンサーリンク

 iOS 15の新機能「テキスト認識表示(Live Text)」を日本語などの非サポート言語でも利用する事ができます。詳細は以下から。

iOS 15

 Appleは現地時間2021年09月21日、iPhone 6sやiPhone SE(第1世代)以降のiPhone、iPad(第5世代)やiPad Air 2、iPad mini 4以降のiPad向けに「iOS 15/iPadOS 15」をリリースしましたが、このiOS 15/iPadOS 15では「テキスト認識表示 (Live Text)」という機械学習(Neural Engine)を利用して写真内にある文字や文章を検出し、編集可能なテキストとしてコピー&ペーストできる機能が追加されています。

Live Text

 ただし、この機能はiPhone XSやXRに搭載されているA12 Bionicチップ以上のNeural Engineが必要なほか、iOS 15.0時点で英語と中国語(簡体字と繁体字)、フランス、イタリア、ドイツ、スペイン、ポルトガル語の7言語のみのサポートとなっているため、カメラで撮影した日本語の写真は認識してくれませんが、日本語環境でもテキスト認識機能を有効にして英語など7言語を画像から読み込むことが可能になっています。

スポンサーリンク

日本語環境でテキスト認識機能を有効にする

 日本語環境でテキスト認識を有効にするには、iOS 15へアップデートしたiPhone XS、iPhone XRなどA12 Bionicチップ以上を搭載したiPhone/iPadデバイスで設定アプリから → [一般] → [地域と言語]へ進みます。

iOS15のテキスト認識表示の使い方

 地域と言語ページの一番下にある「テキスト認識表示」をONにします。後はカメラや写真、Safariアプリを開いて、英語や中国語、フランス語などが写っている写真を撮影/探し出してタップするだけで、その写真内のテキストをコピーすることができるので、iOS 15/iPadOS 15へアップグレードされた方は試してみてください。

iOS15のテキスト認識表示

写真アプリの場合はインデックスを作成するのにしばらく時間がかかります。

 また、Appleはこのテキスト認識表示を利用したキーボードで情報を入力せずに画像からテキストを入力するText form Cameraを実装しており、同じく日本語はサポートされていませんが、名詞などでは名詞上の名前や電話番号、住所、メールアドレスなどを識別してコピーすることができるので、かなり便利になっています。

Text from Camera

テキスト認識機能の使い方

コメント

  1. やってみました より:

    中国語サポート済みだからか、漢字は8割くらい認識されてかなは全滅